• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 静岡県の魅力 > 静岡のお茶

ふじのくに静岡県の魅力

  • 富士山情報
    • 富士山の日
    • 富士山の話
    • 富士登山
    • 富士山ビューポイント
    • ふるさと富士写真館
  • ライブカメラ富士山ビュー
  • 静岡のお茶
    • お茶の種類と効用
    • おいしいお茶の入れ方
    • お茶体験施設
  • 観光情報
    • Hello Navi静岡
  • 静岡自慢の逸品
    • 美味しい静岡百選.com
    • しずおかの郷土工芸品
    • 静岡こだわりの逸品ガイド 
    • しずおか銘品ガイド
    • しずおかの元気な企業
  • 富士山静岡空港
  • 移住・定住情報
  • 静岡県の日本一Myしずおか日本一
    • 環境
    • くらし
    • 産業
    • 文化・観光

    情報データ集

    • 関連リンク
    • 一覧表

    「静岡県が日本一」募集中!ご意見・ご感想、あなたの知っている「静岡県が日本一」を教えてください。

    • 情報・ご意見はこちら 
    • 掲載にあたり

ここから本文です。

更新日:平成22年3月30日

静岡のお茶

静岡県とお茶

私たちが毎日飲んでいる「茶」の木はアジア南部(中国、タイ、インド)の亜熱帯地方が原産地といわれています。

静岡県の茶の栽培は、1241年(仁治2年)に聖一国師(しょういちこくし)が宋から種子を持ち帰り、生れ故郷の静岡市にまいたのが始まりといわれています。明治維新後、牧之原の大規模な開拓(1869年・明治2年)によって明治・大正時代は、生糸とならぶ輸出品となりました。現在では、茶園の面積19,200ヘクタール、荒茶生産量35,800トン(平成21年)で全国のおよそ42パーセントを生産しています。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?