• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > ふじのくに防災士フォローアップ研修

ここから本文です。

更新日:令和2年1月15日

静岡県ふじのくに防災士フォローアップ研修

域や職場の防災リーダーとして活動する「ふじのくに防災士」が、最新の知識を習得するとともに、防災対応能力を維持し、災害時に自らの判断で的確な行動をとることができるようにフォローアップを図ります。

令和元年度静岡県ふじのくに防災士フォローアップ研修

年度は、度重なる豪雨災害等によって、甚大な人的・物的被害が発生しました。また、火山噴火においては、2014年9月の御嶽山、2018年1月の本白根山の噴火で多数の方が亡くなって以降、噴火への警戒避難のあり方が議論されています。これらの議論の中で、ハザードマップの存在が非常に注目されています。静岡県には、噴火等による影響を受ける富士山、伊豆東部火山群の活火山があることから、噴火現象や生命・財産、市民生活・観光等への影響を正しく理解することが重要です。本研修では、静岡県富士山世界遺産センター准教授の小林淳先生に火山ハザードの特徴とハザードマップの見方・読み方について講義していただきます。
た、地域で活躍している防災士の事例活動について紹介します。

時間 研修内容
9時15分~10時15分(30分×2人) ふじのくに防災士の活動紹介
講師:内田光則氏(平成24年度修了)
石田民雄氏(平成25年度修了)
10時30分~12時00分(90分)

講演
講師:静岡県富士山世界遺産センター准教授小林淳氏

 

申込方法

下の申込ファイルに必要事項を記載の上、令和2年1月27日(月曜日)までに、Eメールでお申し込みください。

研修概要及び申込用紙(ワード版)研修概要及び申込用紙(PDF版)(PDF:169KB)

送付アドレス:eq-center@amethyst.broba.cc

お問い合わせ

静岡県地震防災センター(担当:星)
電話:054-251-7101
メール:eq-center@amethyst.broba.cc
※地震防災センターは月曜休館です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?