• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 知る・学ぶ > 災害図上訓練DIG > 参加者へのオリエンテーション

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

知る・学ぶ

知る・学ぶ

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

参加者へのオリエンテーション

ディグのトップページへ

DIG(ディグ)ってなあに DIG(ディグ)の準備 オリエンテーション DIG(ディグ)をやってみよう 初級編 DIG(ディグ)をやってみよう 中級編 DIG(ディグ)をやってみよう 応用編 DIG(ディグ)を発展させよう 事例を見てみよう 資料 Q&A リンク

さて、いよいよDIGの始まりです。まず、DIGを始める前に、プレーヤーに今日のDIGのルールを説明します。以下の手順で、参加者に分かりやすく説明してください。

1.DIGとは何かを簡単に説明します

DIGを始めるにあたり、DIGを知らない参加者であっても、これから何をするのかのイメージを持ってもらうことが必要です。参加者に、DIGとは何かを簡単に説明してください。

説明にあたっては、本ホームページの資料編からダウンロードできるワードまたはPDFのデータを使うのがよいでしょう。また、総務省消防庁の「防災・危機管理 e-カレッジ」のホームページ(外部サイトへリンク)から、DIGの様子が動画で配信されていますので、活用してみてもよいでしょう。

オリエンテーションの様子

2.進行にあたってのルールを説明します

DIGのワークショップには、堅苦しい決まりのようなものはありません。楽しく、自由にかつ活発に意見を交換できる雰囲気をお互いにつくるよう意識することがルールといえばルールです。その意味では、相手の意見をまず聞くということが大切です。異論があるときは、非難したり否定したりせず代案を提示するようにすれば良いでしょう。

ただし、個人情報は保護されるべきです。DIGの中で知りえた個人情報はその場限りのものとしてDIGの終了後は他言を慎むようにしましょう。

3.自己紹介と雰囲気づくり(アイスブレイキング)でリラックス 

参加者が楽しみながらざっくばらんに意見を出し合うことがDIGの重要なポイントですから、初めて顔を合わせる参加者もいることを考えて、DIGに入る前に発言しやすい雰囲気づくりをする時間をとります。これは、緊張した硬い氷のような雰囲気を壊すという意味で、「アイスブレイキング」と呼ばれています。

「アイスブレイキング」の方法はいろいろありますが、ここでは自己紹介を兼ねた「アイスブレイキング」をご紹介しましょう。

  • 1. まず、参加者にA4サイズの紙を1枚配り、2つに折ってもらいます。
  • 2. 進行役は、参加者に1つ質問します。
  • 3. 参加者は1マスに答えを書き入れます(答えは短めにと心がけます)。
  • 4. グループ内で順番に答えの紙を皆に見せて説明します。
  • 5. 何問か繰り返します。

<質問例>

  • 1) 名前は・どこから来たの・私ってこんなヒト
  • 2) 今日は、どうして来ましたか?
  • 3) 私は、こんなことをしています。
  • 4) 今のご気分は?

4.参加者に災害のイメージを持ってもらうため、ビデオや写真などを見てもらいましょう

  • 静岡県地震防災センターには、災害に関するさまざまな貸し出し資料があります。
  • 市町村役場や図書館には、災害に関するビデオがあります。
  • インターネットで災害についての写真を探してみるのもよいでしょう。

5.DIGの舞台となる地図を作ります

1) 地図をはり合わせる

使用する住宅地図や市町村地形図を貼り合せて1枚の大きな地図にし、セロテープ等で動かないようにテーブルに固定します。
※住宅地図の利用にあたっては、著作権等に留意してください。コツ:まず横列をつなげてから、縦方向につなげていくとうまくいきます。テープの切り役と、テープを貼る役に分かれましょう。

端から順番に、まず横列ごとにつなげます

地図作り2

横列がつながったら、次に縦方向に列どうしをつなげていきます

地図作り3

角はしっかり固定しましょう

2) 地図に透明シートをかける

透明シートの上に、地図の4隅にマジックで「 」印をつけ、地図とシート位置あわせのマークとします。シートを複数使うと便利です(被害想定用のシート、被害案を書くシートなど)。この場合、片側だけをテープで貼れば、シートをめくり複数のシートを利用できるので便利です。
透明ーシートかけ1

端からごろごろとビニールシートを転がして、地図を覆っていきます

透明シートかけ2

地図をすっかり覆うようにビニールシートをかけたらはさみでカットして、テープで固定します

透明シートかけ3

地図の四隅の位置をビニールシートに書き込んで、合印とします。これでずれても大丈夫。DIGの準備完了です

では、いよいよDIGのスタートです!

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?