• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 知る・学ぶ > 地震はなぜおきるの? > 地震はなぜおきるの? 小学生向き > 地震はなぜおこるのでしょうか?

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

知る・学ぶ

知る・学ぶ

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

地震はなぜおこるのでしょうか?

地球を知ろう

地表面からの深さ

みんなは、上(うえ)の絵(え)が何(なん)だかわかりますか?これは地球(ちきゅう)です。

卵(たまご)を思(おも)い出して下さい。地球の中(なか)は、卵でいうと、外側(そとがわ)はからのようなものでできていて、内側(うちがわ)には、黄身(きみ)のようなものがあったり、白身(しろみ)のようなものがあります。

卵の白身にあたるものが“マントル”と呼(よ)ばれているもので、これはゆっくりと動(うご)いています。これがマントル対流(たいりゅう)です。そのためマントルの上部(じょうぶ)と、その上にある地(ち)かくもゆっくりゆっくり動きます。これをプレートといいます。

そして、卵の黄身にあたるものが核(かく)です。ここはとても熱(あつ)くてマントル対流(たいりゅう)の原動力(げんどうりょく)になっています。

ハワイが日本に少しずつ近づいているっていうのも、マントル対流にのってプレートが動いているためなんですって!

日本をとりかこむプレート

日本(にほん)のまわりでは、4つのプレートがおしあい、へしあいしています。

そして…

静岡県(しずおかけん)の地下(ちか)では、こんなことがおころうとしています!

地殻変化(ちかくへんか) アニメーション

左(ひだり)のプレートの下(した)に右(みぎ)のプレートが入(はい)りこんでいます。
左のプレートは、おされてひきずりこまれて、少(すこ)しずつひずみがたまっていきます。

[地震発生(じしんはっせい)]

a.海洋型(かいようがた) プレート境界地震(きょうかいじしん)

左のプレートはがまんできず、ついに元(もと)にもどってしまいました。
(くりかえしおこっていますから、いつごろ、どのへんでおこるか、おおまかにわかります。)

b.内陸型(ないりくがた)プレート内地震(ないじしん)

たくさんの大(おお)きなわれ目(め)ができました。
(いつ、どこで、われ目ができるか、よくわかりません。)

Back Top Next

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?