• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 災害時に活用できる調理レシピの募集

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

調べる

調べる

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成29年12月22日

災害時に活用できる調理レシピの募集ストック食材でアイディアレシピを発掘しよう

目的

東日本大震災を受け、国や自治体が南海トラフ巨大地震等の新たな被害想定を策定する中、県民の皆さんには、建物の耐震化、家具類の固定、食料や水の備蓄等の家庭内対策を今まで以上に推進してもらう必要があります。

特に、過去の災害での避難所生活に鑑みると、できるかぎり避難所に行かず、自宅で生活できる対策を講じておくことが大切です。

食料の備蓄というと通常アルファ米やカンパンなど災害時に限って使用するものを想起される方が多いですが、こうしたものだけで家族全員の7日分を用意しておくことは大変です。

いざという時には、普段から食品庫にストック(買い置き)している食材(野菜、レトルト食品、インスタント食品等)も立派な備蓄食料となります。また、こうした食材であれば誰もが無理なく備蓄しておくことが可能であるだけでなく、メニューも格段に広がります。

そこで、災害時だからこそ、普段から食べ慣れているものを食べ、困難を乗り切ることができるよう、災害時に役立つ調理レシピを募集し、広く紹介することを目的としています。

災害時に活用できる調理レシピを募集します!!

募集フォームへすすむ(外部サイトへリンク)

以下の条件で、4人分のレシピを考えてください。

【条件1】

レトルト食品、缶詰、インスタントラーメン、パスタ類、調味料、乾物、根菜類(常温で保存できる野菜)、フリーズドライの野菜、ドライフルーツなど非常食だけでなく、普段からご家庭にある食材

【条件2】水・・・4リットル程度(調理のみ)

【条件3】コンロの使用時間10分程度を目安としてください。

災害時に活用できる調理レシピの紹介

 

参考

南海トラフ巨大地震等の大規模災害に備えて~「減災」のための事前防災の重要性~
緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド(外部サイトへリンク)(農林水産省ホームページ)

 

 

お問い合わせ

静岡県地震防災センター 

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100 

ファックス番号:054-251-7300 

メール:eq-center@amethyst.broba.cc

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?