• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 調べる > 防災関係資料 > 静岡県市町村災害史 > 中伊豆町

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

調べる

調べる

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

中伊豆町

地形概況

北部は巣雲山から南にのびる宇佐美火山地、南部は天城火山地がしめ、カワゴ平からの溶岩流や泥流堆積物は台地となる。丸野高原や天城高原の緩斜面がひろがる。冷川・大見川にそう谷底低地が発達し段丘・小扇状地・山麓緩斜面も広い。

地質概況

天城火山の安山岩質溶岩、遠笠山の玄武岩質溶岩、天子山地の輝石安山岩類など多様である。カワゴ平の活動により、軽石流が噴出し、流紋岩質溶岩が流出した。筏場周辺には軽石質砂礫の堆積物がある。大見川ぞいには白浜層群が分布する。

気象概況

年平均気温は推定15.0℃、年平均降水量が推定3,000mmで県平均降水量より約30%も多く、県内でも典型的な山岳多雨域である。気温は天城山の影響もあり、沿岸域より多少低い。年間日照時間数は2,028時間(網代)とやや少なく1年のうち日の当たる日が46%となっている。

災害事例 地震

  • 1978年1月14日 (昭和53年) 伊豆大島近海地震 M=7.0
    被害は比較的軽微で住家一部破損21戸、道路13個所、河川5個所などであった。
  • 1930年11月26日 (昭和5年) 北伊豆地震 M=7.3
    伊豆北部に被害を及ぼした大地震で中大見村城の山上の畑約1丁歩余り、約10間陥没し、隣の谷合に長さ約30間、高さ2~3間の隆起を生じた。姫之湯付近を通り西北西-東北東に走る姫之湯断層(延長約3km)を生じた。被害は下大見村で死者3人、負傷者13人、住家全潰117戸、半潰110戸、荒廃林地23町歩、中大見村で死者7人、負傷者12人、全潰33戸、半潰181戸、荒廃林地32町歩、上大見村で死者1人、負傷者6人、全潰45戸、半潰129戸荒廃林地66町歩に達した。又中大見村で2戸が全焼した。

災害事例 台風

  • 1958年9月26日 (昭和33年) 狩野川(22号)台風
    伊豆地方で被害が大きく、死者行方不明は1,000人を越えた。中伊豆町筏場では山崩れ・山津波が起こり、大見・狩野の村落を押潰し、土砂や流木を河に吐き出した。水田や家屋の流出した址は完全な石ころだけの河原となってしまった。このため死者67人、行方不明16人、全壊84戸、半壊78戸、流失110戸、床上浸水180戸、床下浸水240戸、田畑流埋209haの被害を生じた。

防災上の留意点

断層が集中し地質が脆く岩石が破砕されているので、地震時の地盤変形に注意したい。傾斜地には脆弱な地盤であり、地すべり発生の可能性が高い。出火による延焼火災の防止に心がけたい。豪雨時には崩壊土砂が土石流となる恐れがあるので注意を要する。

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?