• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 調べる > 防災関係資料 > プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ) > 住宅の倒壊から生命を守る「防災ベッド」の紹介

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

調べる

調べる

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

住宅の倒壊から生命を守る「防災ベッド」の紹介

要旨

阪神・淡路大震災では、亡くなられた方の84%が家屋の倒壊等による圧死でした。
その経験からも、本来、東海地震対策としては住宅の耐震化を進めるべきですが、費用の問題等から個人住宅の耐震補強等が進んでいない等の理由から、耐震補強の代替措置として、旧建築基準の木造住宅での仕様を想定し、1階で就寝中に地震に襲われて家屋が倒壊しても、安全な空間を確保でき、命を守ることができることを目標に、2種類の防災ベッドを開発しました。開発にあたっては、当事業で共同開発業者を募集し、応募のあった中から「防災ベッド製作検討会(※)」で選定した株式会社宝永工機と静岡県静岡工業技術センター(当時)による共同開発で行いました。
※防災ベッド製作検討会(委員:静岡県、静岡文化芸術大学、全日本ベッド工業会、日本福祉用具供給協会静岡ブロック)

防災ベッドの概要

一般向け防災ベッド

資金面等から、住宅の耐震補強工事が困難な方などが、1階で就寝中に地震に襲われて住宅が倒壊しても、安全な空間を確保でき、命を守ることができることを目標として開発したベッドで、下部のベッド部分は木製、上部の防護フレームは鋼製で製作しました。
防災ベッドのデザインは、昨年実施した『「地震から生命を守る」2001しずおか技術コンクール』の防災器具部門アイデアの部で最優秀賞を受賞した作品をベースに開発しました。

ベッド1 ベッド2 ベッド3

上部のフレームはお好みの色を選べます。


静岡県危機管理部ホームページへ

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?