• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 調べる > 知っていますか?あなたの避難 > 避難を考えよう > 避難を考えよう『ペットもあなたの家族です』

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

調べる

調べる

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

避難を考えよう『ペットもあなたの家族です』

避難するときにペットはどうすればよいのでしょうか?ペットは大切なあなたの家族です。ペットの避難について考えてみましょう。


戻る END

避難のとき、ペットはどうなるの?

ペットも家族

犬や猫などのペットを家族の一員として大切にしている人が増えています。
では避難する場合、ペットはどうなるか、考えてみたことがありますか。

  • 津波や山・がけ崩れから迅速に避難する場合、ペットと一緒に行動できるでしょうか。
  • ペットだけが家にいる時に地震が起こったら大丈夫でしょうか。
  • 避難地や避難所へ連れて行ってもよいのでしょうか。
  • 災害時のえさは足りるでしょうか。

津波や山・がけ崩れの危険予想地域の場合は、安全が確認されるまで避難することになりますので、ペットを残したまま飼い主だけ避難すると、避難後は世話をすることができなくなります。

大型動物や爬虫類は、地震の際に逃げ出さないよう、普段から十分な注意が必要です。

もし、あなたが留守の時に地震が起こったら、ペットは日頃からなついている親戚や知人等が面倒みることになります。

「避難地」でのペット

避難地(警戒宣言時など)では、必ずしも飼い主と同じ場所に避難できるとは限りません。大所帯での共同避難ですから、ペットを受入れてくれる人ばかりではないでしょう。避難地でのペットの受入れなどについては、自主防災組織に確認してみる必要があります。避難地で受入れが難しそうな場合は、津波や山・がけ崩れの危険予想地域でない知人宅に避難することになります。

避難所」でのペット

避難所(発災後)では、原則として、ペットを連れて屋内施設へ入ることはできません。例外的に、屋内スペースに十分な余裕がある場合やペットの状態によって、ペットコーナーが確保されることもありますが、多くの避難所では、屋外の一角にペットコーナーが確保されることになると思われます。また、飼い方が難しい動物や他人に恐怖感を与える恐れのある動物は、避難所への入所は難しいと思われます。

えさの備蓄と非常持出しの準備は飼い主の責任です。ペットの備えを忘れずにしておきましょう。

ペットの避難を考えると、大変なことにお気づきだと思います。
ペットのためにも、避難所暮らしをする必要がなく、今の住まいでそのまま暮らせるよう住宅の耐震化も進めておきましょう。


戻る END

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?