• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 調べる > 知っていますか?あなたの避難 > 避難所を知っておこう > 避難所を知っておこう『あなたの避難所はどこ?』

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

調べる

調べる

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

避難所を知っておこう『あなたの避難所はどこ?』

あなたの「避難所」はどこですか?市町が指定する避難所のほかにも、親戚や知人の家などの安全な場所も、避難先の候補地としてたいへん有効です。


戻る 次へ

避難所について

避難所はどこ?

【避難を知っておこう】の『「避難地」と「避難所」の違い』で述べたとおり、「避難所」とは被災後に居住場所が確保できない人のために仮に提供される建物などをいいます。

県防災局で作成した『東海地震対策「避難計画策定指針」』では、次のように述べています。

避難地とは「警戒宣言発令時において、避難対象地区の住民等のために市町が指定した」場所であるのに対し、避難所とは「災害のため、居住場所を確保できない者を、一時的に受け入れ保護する」場所である。

市町が指定する避難所

それぞれの市町では、以下のような基準で、想定される被災者数を考慮して避難所を確保するように努めています。

  1. 津波、山・がけ崩れの危険予想地域を避けて設定する。
  2. 耐震耐火性の高い建築物を優先して選定する。また、建築物が地震により使用不可能となる可能性も考慮し、隣接して空地があることが望ましい。
  3. 空地に避難所を設ける場合には、あらかじめテント等の備蓄、調達を検討する。
  4. 物資の運搬、集積、炊事、宿泊等の利便性を考慮する。
  5. 被害の程度や被災者数を勘案し、かつ、居住地への近接性を考慮して適切な配置を確保する。

このように、避難所に充てられる場所は、安全が確認された公共的な建物を中心に、あらかじめ市町が指定するものです。

したがって、あらかじめ指定されている建物でなければ、(発災後に急遽避難所として指定された場合を除いて)公共的な建物であってもむやみに入り込んで避難所としてしまうことはできません。

こうした避難所がどこにあるかは、県や市町のホームページで確認できますが、具体的な地区への割り当てなどは、お住まいの市町もしくは地区の自主防災組織に確認してください。

親戚や知人の家など、安全な場所も避難先の候補に

なお、あなたの避難所は、必ずしも市町が指定する避難所でなければならないわけではありません。地震後にはその避難所も被災している可能性があります。ですから、そこ以外にも、たとえば親戚や知人の家など、あなたが確実に安全と思う所も、併せて避難先の候補箇所としておくことが有効といえます。

ただし、自主防災組織には住民の安否確認という大切な仕事がありますので、市町が指定する避難所以外に避難する場合は、必ず自主防災組織に報告してください。

市町が指定する避難所には、次のような利用上の決まりごと、制約があります。

  1. 住民一人当たり3平方メートルの割り当て面積となる。
  2. 自主防災組織ごとの区割り、居住区ごとの組編成をする。
  3. 避難所ごとに運営組織を組織する。複数の自主防災組織の被災者を受け入れる場合は、それぞれの自主防災組織が協力しあい、被災者の中から円滑かつ公平な運営ができる体制を組み立てる。

戻る 次へ

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?