• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 静岡県地震防災センター > 調べる > 知っていますか?あなたの避難 > 避難所を知っておこう > 避難所を知っておこう『避難所の設営・運営』

  • 地震防災センター トップ
  • トピックス
  • 知る・学ぶ
  • 調べる
  • 施設案内
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

調べる

調べる

開館情報

開館時間 9時00分~16時00分
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料

ここから本文です。

更新日:平成28年12月26日

避難所を知っておこう『避難所の設営・運営』

「避難所」はいったい誰が設営し、誰が運営するのでしょうか?


戻る 次へ

避難所の設営・運営は自主防災組織が主体

避難所の設営・運営

市町の指定した避難所は、市町・施設管理者・自主防災組織で話し合って運営方法を決めることになっていますが、具体的な運営は自主防災組織が主体となって行われます。

施設管理者(学校関係者など)は、主として施設の使用方法についての管理を担うことと、学校教育など本来の機能をなるべく早く再開することを主眼において運営に携わります。

市町は避難所に職員を派遣し、総合的な運営にあたることになりますが、派遣される職員の数はごくわずかですから、避難者ひとりひとりに細かく対応できない状況になると思われます。主として物資など必要事項の要請伝達とか役場からの伝達事項の周知など、役場との情報連絡などが主な業務となります。

避難所には、複数の自主防災組織が集まってきます

なお、自主防災組織ごとに別々の避難所が用意されているわけではありませんので、当然いくつかの自主防災組織がひとつの避難所に集まることになります。その時、各組織がバラバラに運営していたのでは立ち行きませんので、共同して一つの運営組織を立ち上げる必要があります。これがいかに迅速かつ円滑に立ち上げられるか、これがその後の困難を最小限にする大きなポイントになると思います。

関連リンク

「避難所運営マニュアル」(PDF:4,415KB)


戻る 次へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県地震防災センター

〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号

電話番号:054-251-7100

ファックス番号:054-251-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?