• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 危機管理監室 > 狩野川連合総合水防演習・広域連携防災訓練を実施しました

ここから本文です。

更新日:平成29年5月18日

狩野川連合総合水防演習・広域連携防災訓練を実施しました

さる5月14日(日曜日)、梅雨や台風等の出水期に備え、「平成29年度狩野川連合総合水防演習・広域連携防災訓練」を開催しました。当日は、国土交通省、自衛隊、警察、消防団をはじめ、ボランティアや地域住民の皆様を含め、約1,600名の方々に御参加いただきました。
 
 狩野川では昭和33年の狩野川台風により、修善寺町熊坂をはじめ22箇所で堤防が決壊し、死者・行方不明者が853人にものぼる甚大な被害をもたらしました。
 また、近年では台風の大型化や局地的な集中豪雨等により、全国各地で毎年のように河川が氾濫し、甚大な被害をもたらしています。
 今回の訓練は、狩野川台風規模の大型台風が接近し、記録的な豪雨により堤防が決壊し、広い範囲で浸水被害が発生するとの想定で実施しました。
 
 当日は、地元の消防団や自主防災会、小中学生による土のう積み等の水防工法の実施訓練、沼津建設業協会等によるクレーン車を利用してテトラポットを並べる決壊堤防の荒締め切り訓練、三島市や陸上自衛隊等による緊急車両の通行ルート確保のための道路啓開及びガレキからの救助訓練、県警や駿東伊豆消防本部、医師会、順天堂大学付属静岡病院が連携したヘリによる水難救助及び救助者搬送訓練など、水防関係者の水防技能の習熟と、防災関係機関が相互に連携した各種訓練が行われ、大規模水害時の防災体制の確立に向け、大変有意義な一日となりました。
 
 今後、地球温暖化による台風の大型化や局地的な集中豪雨の多発化も懸念され、洪水の発生確率も高くなることが想定されます。地域住民が関係機関と連携して自ら地域を守る水防活動は、社会全体で大洪水に備える取組の原点とも言うべきものです。
 今回の訓練結果を踏まえ、狩野川流域はもちろん、県内各地における水防体制の一層の充実・強化に向け、大洪水に備えた強靭な社会の実現を目指してまいります。

 

                                    【 開会式の様子 】                                                                                           【 自衛隊による救助訓練 】

開会式 自衛隊救助

 

                                  【 消防による水難救助訓練 】                                                                        【 建設業協会による道路啓開訓練 】

消防 建設業協会2

                               【 警察によるヘリでの水難救助訓練 】                                                                      【 消防団による水防工法 】

警察 消防団

                                     【 小学生による土のう拵え 】

小学生

 

 

 


 

 

 

 

 

お問い合わせ

危機管理部危機情報課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3694

ファックス番号:054-221-3252

メール:boujou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?