• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 危機管理部危機政策課 > 静岡県防災会議 > 静岡県防災会議条例

ここから本文です。

更新日:平成22年10月6日

静岡県防災会議条例

静岡県防災会議条例

昭和37年10月15日条例第42号
改正  昭和54年7月20日条例第27号
改正  平成15年10月24日条例第47号
改正  平成18年3月24日条例第27号
改正  平成19年3月20日条例第42号

(趣旨)
第1条  
この条例は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第15条第8項の規定に基づき、静岡県防災会議(以下「防災会議」という。)の組織及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(委員会及び専門委員)
第2条  
知事が指名し、又は任命する委員の定数は、次のとおりとする。
(1) 知事がその内部の職員のうちから指名する者3人
(2) 市町長及び市町の消防機関の長のうちから任命する者5人
(3) 指定公共機関又は指定地方公共機関の役員又は職員のうちから任命する者21人
2  前項第2号及び第3号の委員の任期は2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
3  前項の委員は、再任することを妨げない。
4  専門委員は、当該専門の事項に関する調査が終了したときは、解任されるものとする。

(幹事)
第3条  
防災会議に幹事51人以内を置く。
2  幹事は、委員の属する機関の職員のうちから、知事が任命する。
3  幹事は、防災会議の所掌事務について、委員及び専門委員を補佐する。

(部会)
第4条  
防災会議に部会を置くことができる。
2  部会に属する委員及び専門委員は、会長がこれを指名する。
3  部会に部会長を置き、会長の指名する委員をこれに充てる。
4  部会長は、部会の事務を掌理する。
5  部会長に事故があるときは、部会に属する委員のうちから部会長があらかじめ指名する者が、その職務を代理 する。

(委任)
第5条
  前各条に定めるもののほか、防災会議の議事その他防災会議の運営に関し必要な事項は、会長が防災会議に諮って定める。

  附則
この条例は、公布の日から施行する。

  附則 <昭和54年 7月20日条例第27号>
この条例は、公布の日から施行する。

  附則 <平成15年10月24日条例第47号>
1  この条例は、公布の日から施行する。
2  この条例の施行に伴い増加した数を充当するため新たに任命された委員の任期は、改正後の静岡県防災会議条例第2条第2項の規定にかかわらず、平成16年10月14日までとする。

  附則 <平成18年 3月24日条例第27号>
この条例は、公布の日から施行する。

  附則 <平成19年3月20日条例第42号>
この条例は、公布の日から施行する。

お問い合わせ

危機管理部危機政策課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2456

ファックス番号:054-221-3252

メール:boukei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?