• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 危機管理部 > 消防保安課ホームページ > 静岡県消防防災航空隊 > 資機材紹介

ここから本文です。

更新日:平成28年11月8日

資機材紹介

ここでは、各種災害活動で使用する資機材を紹介します。

バーティカルストレッチャー

レスキューストレッチャー

shikizai1

shikizai2

主として重症患者の縛着に使用します。

右のバックに丸めて収納ができ、隊員が背負ってホイスト降下します。

バーティカルストレッチャー同様、重症患者の縛着に使用します。

要救助者を完全に包みこむことができ内側がフリース素材のため保温効果も得られます。

バックボード

デラックスサバイバースリング

shikizai3

shikizai5

高エネルギー外傷の要救助者の全脊柱固定するための資機材です。

上記2点のストレッチャーと併用して使用可能です。

幅広く活用しているのがこれです。

水陸共に使用が可能で浮力もあります。比較的軽症の要救助者に使用します。

レスキュースリング

デラックスエバックハーネス

shikizai4

デラックスエバックハーネス

こちらも水陸共に使用可能で、よりスピーディーな縛着が出来ます。

こちらも水陸共に使用可能です。

ゆりかごの様に縛着するため、要救助者の恐怖感は軽減されます。

AED

救急モニター

吸引機

shikizai7

shikizai8

shikizai9

除細動器です。

ヘリ飛行時の作動実験済みであり、飛行中の機内でも使用が可能です。

傷病者のバイタルサインを観察する為のモニターです。

心電図・SPO2・血圧、心拍数を計測します。

口腔内の異物除去に使用します。

防まつ・耐振・耐衝使用のため厳しい環境下での使用が可能です。

携帯無線機

ビバークザック

山岳キッドバック

携帯無線機

shikizai4-3

shikiza4-5

降下した隊員がヘリとの無線交信を行う資機材。
地上消防隊との交信も可能です。

降下隊員をピックアップ不能の場合、野営ができるよう携行して降下します隊員をピックアップ不能の場合、野営が出来る様携行して降下します。

山岳地帯で要救助者の直上まで接近できなかった場合、アッセンダー・プーリー等の資機材を活用し地上から接近するために携行して降下します。

救急バック

情報収集バック

shikizai4-3

shikizai4-4

酸素ボンベ・喉頭鏡・バックバルブマスク・滅菌ガーゼ、シーネ等が入ったバックです。

救急事案に限らず全ての事案において機内へ持ち込みます。

デジカメ、ビデオカメラ、携帯GPS、県内場外離着陸場の情報等が入ったケース。

活動の記録保存や情報の入手のためヘリ搭乗の際は常に機内へ持ち込みます。

 

隊員装備

一般活動 水難活動

一般活動

水難活動

活動の基本スタイルです。フルボディハーネス、ニーパット、航空ヘルメットを着装し事案に対応していきます。 当隊のウエットスーツのカラーはこれです。フルボディハーネスとライフジャケット・ヘルメット・マスク・スノーケル・フィンを装備しています。
山岳活動 救急活動

山岳活動

救急活動

マウンテンジャケット・パンツを活動服の上から着込み、冬季の山岳救助事案に対応します。 感染防御衣を着装して救急事案に対応します。

 

 

お問い合わせ

危機管理部消防保安課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

静岡県消防防災航空隊
〒420-0902静岡県静岡市葵区諏訪8-10静岡ヘリポート内
電話番号:054-261-4483
ファックス番号:054-261-4761
メール:sar-bk119r@wish.ocn.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?