• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 文化・観光部長室 > 文化・観光部長トーク更新しました!将来、日本や世界で活躍したいと考える中学生が『未来を切り拓くDream授業』に参加!

ここから本文です。

更新日:平成30年8月10日

将来、日本や世界で活躍したいと考える中学生が『未来を切り拓くDream授業』に参加! 

孔子の『論語』には、「十五にして学に志す」という言葉があります。
15歳といえば、日本では中学生の年齢ですね。多くの可能性を秘め、様々なことに興味を持ち、中には世界で活躍したいという大きな夢を抱いている子どもたちもいることでしょう。このような中学1・2年生29名を募り、7月30日(月曜日)から8月1日(水曜日)にかけて、2泊3日の『Dream授業』を開講しました。

初日と2日目は、世界で活躍する講師の講義が行われ、元サッカー日本代表市川大祐さん、SPAC芸術総監督宮城聰さんの他、多文化共生の研究者、農業ビジネスの起業家など様々な分野のスペシャリスト6名から貴重なお話を聞くことができました。
2日目の後半から最終日にかけては、「理想の学校をつくる」というテーマでグループ討議を行いました。個性豊かな子どもたちが集まっていますので、リーダーシップを発揮する子もいれば、自信が持てず自分の意見を言えない子もいます。活発な意見交換が展開されたかと思えば、意見が対立してしまう場面もありました。しかし、子どもたちはこうした衝突を通して徐々に相手の考えや思いを理解し、新しいアイデアを出し合っていくようになっていきました。

そして最終日。保護者の方々が参観する中、5つの素敵な学校の発表が行われました。教科書を使わない、実技重視の学校、農作物を売り商売する学校など、大人では発想できない様々な学校の提案がありました。
発表を終えた子どもたちには、初日のような不安な表情は無く、自信と充実感に満ち溢れた笑顔がありました。大人の知恵や手を借りずに、辿り着いた彼らだけの学校。この3日間を通して、考えや思いの正否ではなく、揺るぎない信念を持つことこそが大切であることを改めて感じることができました。

参加してくださった中学生の皆さん、ありがとうございました。皆さんが将来、世界を舞台に活躍されることを心よりお祈りいたします。

 

外国人学生やALTとの交流

外国人学生やALTとの交流

ハーブ園での学習

ハーブ園での学習

「理想の学校」の発表

「理想の学校」の発表

記念撮影

記念撮影

お問い合わせ

文化・観光部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3612

ファックス番号:054-221-2980

メール:bunkakankou-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?