• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 文化・観光部長室 > 文化・観光部長トーク更新しました!富士山世界遺産センター春季特別展「徳川将軍と富士山」が開催されます!

ここから本文です。

更新日:令和元年5月10日

富士山世界遺産センター春季特別展「徳川将軍と富士山」が開催されます!

1603年に徳川家康が征夷大将軍となり、1867年に十五代慶喜が大政奉還するまでの260年余、日本は世界史上稀なる泰平の時代を謳歌しました。

この平和な時代、将軍家の政策が武断から文治主義へと切り替わると、「元禄文化」、「化政文化」と、次々と新たな文化様式が花開いていき、江戸文化は成熟を極めていきます。

そうしたなか、徳川将軍の象徴となり、江戸文化の中核に位置づけられてきたのが富士山です。

江戸時代前期、家康以下四代の将軍に仕えた狩野探幽(1602-1674)が富士山絵画の定型を編みだし、富士山は江戸城のなかにも描かれました。また、これ以降、富士山は絵画ジャンルのひとつとして確立され、19世紀前半の江戸時代後期には、葛飾北斎や谷文晁、酒井抱一らにより、富士山の「芸術の源泉」としての側面を担う富士山絵画の名作群が生み出されます。

德川記念財団(旧徳川将軍家)所蔵の名品を集めた本展覧会では、長きにわたる平和と繁栄をもたらした歴代将軍の事績をたどりながら、彼らと富士山との関係をひもといていきます。本展覧会をとおして、江戸文化隆盛の一端を感じていただきたければと思います。

静岡県富士山世界遺産センターのホームページはこちらhttps://mtfuji-whc.jp/(外部サイトへリンク)

 

特別展チラシ表

春季特別展チラシ1

特別展チラシ裏

春季特別展チラシ2

お問い合わせ

文化・観光部政策管理局企画政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3612

ファックス番号:054-221-2980

メール:bunkakankou-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?