• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ・観光 > スポーツ・文化観光部文化局富士山世界遺産課 > 富士山ー信仰の対象と芸術の源泉 > 富士山世界遺産課/過去のニュース&トピックス > ニュース&トピックス(H23~26)

ここから本文です。

更新日:平成28年3月17日

ニュース&トピックス(H23~25)

富士川楽座『「世界遺産富士山」情報発信ステーション』にて、無料映像番組「世界遺産富士山」絶賛上映中!!(平成25年12月4日)

静岡県では、富士山の文化的価値をわかり易く伝えるため、富士川楽座4階を『「世界遺産富士山」情報発信ステーション』として整備しており、プラネタリウムにおいて、映像番組「世界遺産富士山」を上映しています。

上映する映像は、プラネタリウムを活用した迫力の大画面で、富士山の四季折々の美しさや雄大さと、世界遺産としての価値を紹介する内容となっております。

富士山を望むことが出来る日は、1年のうち4割ほどしかありませんが、富士川楽座では、富士山が見えない日であっても、映像により富士山の美しさを堪能することが出来ます。

入場は無料ですので、皆様是非お越しください!

上映時間については、富士川楽座のホームページを御確認ください。

「世界遺産富士山」上映スケジュール(外部サイトへリンク)

「世界遺産富士山」イメージ映像

「223(ふじさん)未来へつなぎ隊」を結成しました!(平成25年6月23日)

富士山の世界遺産の喜びを分かち合うとともに、「世界遺産士山」を後世に継承するための啓発キャラバン隊「223(ふじさん)未来へつなぎ隊」を結成しました。「223(ふじさん)未来へつなぎ隊」は、県内各地でイベントを展開し、富士山へのお祝いや、富士山を未来につなぐメッセージを募集します。

実施予定

6月29日(土曜日) エスパルスドリームプラザ 草薙球場  
7月6日(土曜日) 富士川楽座 MARKIS 富士山静岡空港
7月13日(土曜日) 道の駅すばしり IAIスタジアム日本平 ららぽーと磐田
7月20日(土曜日) 富士山樹空の森 新静岡セノバ イオンモール浜松志都呂
7月27日(土曜日) お宮横丁 静岡駅北口地下広場 イオンモール浜松市野
8月1日(木曜日)

富士山EVフェスタ

(水ヶ塚駐車場)

   

「名勝三保松原クリーンアップ大作戦」に参加しよう!(平成25年5月26日)

世界文化遺産登録を目指している「富士山」について、4月30日にイコモスによる勧告がユネスコ世界遺産センターより通知され、三保松原を除き「記載」が適当との勧告がなされたところです。今後は、6月16日から27日にカンボジア・プノンペンで開催される第37回世界遺産委員会において登録の可否が決定されます。

こうした中、イコモスの勧告を受け、地元自治会が実施主体となり、三保松原の保全を図るとともに、三保松原を含めた記載に向けた地元の熱い思いを示すため、5月26日(日曜日)に松原の清掃活動が実施されます。

つきましては、以下のとおり御案内いたしますので、多くの県民の皆様にも御参加いただきますよう、お願い申し上げます。

日時

平成25年5月26日(日曜日)午前8時30分~午前10時30分(少雨決行)

場所 羽衣の松前(静岡市清水区三保)
事前に羽衣の松前駐車場(市第3駐車場)で受付をお願いします。

 

富士山世界文化遺産両県県民会議が発足しました(平成24年2月23日)

県民が揃って富士山について「学び」、「考え」、「想い」を寄せる「富士山の日」運動の推進を図るため、本年で3回目を迎える先月2月23日の「富士山の日」に、グランシップにおいて「富士山の日フェスタ2012」が開催されました。その中で、静岡・山梨両県知事、両県議会議長、民間団体の代表者が共同代表となり、静岡県側で約1,800団体、山梨県側で約800を超える団体・企業等の参画を得て、「富士山世界文化遺産両県県民会議」が発足しました。

県民会議は、登録の早期実現と将来にわたる価値の継承を期し、登録推進に賛同する旨を表出する活動や、富士山の清掃活動など、会員の自主的な取組を広く国民運動として展開していくことを目指しています。県民会議では、引き続き、団体・企業等の皆様の入会を受け付けておりますので、一緒に取組に向けての取組を盛り上げていきましょう。

富士山の推薦書がユネスコ世界遺産センターに提出されました(平成24年1月27日)

パリ時間1月26日木曜日午後5時(日本時間1月27日金曜日午前1時)にユネスコ日本政府代表部からユネスコ世界遺産センターへ富士山の推薦書が提出されました。

「富士山世界文化遺産両県県民会議」発足に向けた会員募集について(平成23年12月22日)

富士山世界文化遺産登録の平成25年の登録実現と、将来にわたる富士山の価値の継承を期し、このたび「富士山世界文化遺産両県県民会議」(以下「県民会議」という。)を立ち上げ、官と民の力を結集し、その取組を広く国民運動として展開していくことといたしました。

県民会議は、本年2月23日に設立した「美しい富士山を未来へつなぐ会」を拡大・改編し、新たに両県の行政や民間企業、団体等に幅広く参画いただき、明年2月23日の富士山の日に発足します。

つきましては、県民会議の活動方針に賛同し、共に活動していただける会員(企業、団体等)を広く募集します。

⇒「富士山世界文化遺産両県県民会議」会員募集要項(PDF:116KB)

⇒「富士山世界文化遺産両県県民会議」会員募集(PDF:130KB)

⇒富士山世界文化遺産両県県民会議入会申込書(ワード:33KB)

⇒富士山世界文化遺産両県県民会議入会申込書(PDF:76KB)

第3回富士山世界遺産センター(仮称)基本構想策定委員会を開催しました(平成23年12月20日

平成23年12月20日(火曜日)に第3回富士山世界遺産センター(仮称)基本構想策定委員会を開催しました。会議では、基本構想の骨子案について検討し、センターの基本コンセプトや具体的な機能について意見が交わされました。

富士山世界遺産センター(仮称)基本構想策定委員会の詳細

あなたの年賀状に富士山を取り入れてみませんか?(平成23年12月19日)

~年賀状を活用して、富士山の世界文化遺産登録に向けて盛り上げていきましょう!~

静岡県では、山梨県や関係市町村等と連携し、富士山の文化や自然環境、景観を保全し、人類共通の財産として後世に継承していくため、富士山世界文化遺産登録に向けた取組を進めています。

富士山の世界文化遺産登録については、本年7月に、静岡・山梨両県が文化庁に推薦書原案を提出し、本年9月に日本政府が、正式に富士山の世界文化遺産登録推薦を決定しました。今後は、日本政府が来年2月1日までにユネスコ世界遺産センターへ推薦書を提出し、来年夏~秋頃に実施されるユネスコの諮問機関イコモスの現地調査等を経て、平成25年夏頃に世界遺産登録の可否が決定されます。

このように来年は、富士山の世界文化遺産登録にとって大きな正念場を迎えます。

そこで静岡県では、県立美術館が所蔵する横山大観の『群青富士』をモチーフとした年賀状素材を作成しました。来年の年賀状に添付していただき、富士山の世界文化遺産登録に向けて皆さんと一緒に盛り上げていきましょう!!

「第1回親子で学ぼう富士山世界文化遺産」を開催しました(平成23年10月19日)

平成23年10月16日(日曜日)に「第1回親子で学ぼう富士山世界文化遺産」を開催しました。当日は晴天にも恵まれ、富士山本宮浅間大社などの世界文化遺産の構成資産を巡り、参加者からは「富士山の文化的価値をよく理解できた」という声を多く聞くことができました。また、水ヶ塚公園では、雄大な富士山の姿を見ることができ、参加した皆さんも大喜びでした。

第2回の募集は12月5日(県民だより12月号等で募集)から行います。たくさんの御応募お待ちしております。

曼荼羅説明

水ヶ塚公園

第1回富士山世界遺産センター(仮称)基本構想策定委員会を開催しました(平成23年10月7日)

静岡県では今年度から、富士山の世界文化遺産早期登録に向けた取組を進めるとともに、富士山の包括的な保存管理や自然、歴史・文化等の情報発信機能を担う「富士山世界遺産センター(仮称)」の検討を始め、有識者から成る基本構想策定委員会を立ち上げました。平成23年10月4日(火曜日)には第1回委員会を開催し、センターの基本コンセプトや基本構想の構成等を検討しました。基本構想は平成23年度中に策定する予定です。

第1回委員会

富士山世界遺産センター(仮称)基本構想策定委員会の詳細

推薦書暫定版が日本政府からユネスコ世界遺産センターに提出されました(平成23年9月28日)

平成23年9月22日に外務省において世界遺産条約関係省庁連絡会議(構成:外務省、文化庁、環境省、林野庁、水産庁、国土交通省、宮内庁)が開催され、富士山の世界文化遺産への推薦について検討が行われました。その結果、富士山の推薦書(暫定版)をユネスコ世界遺産センターへ提出することが決定され、9月28日に推薦書(暫定版)が提出されました。今後は平成24年2月1日までに日本政府が推薦書(正式版)をユネスコ世界遺産センターに提出し、平成25年の世界文化遺産登録を目指します。

「富士山推薦書原案」を文化庁に提出しました(平成23年7月27日)

県では本日、山梨県と「富士山推薦書原案」を文化庁に提出しました。ユネスコに提出する推薦書は、この推薦書原案を基本に、文化庁が関係省庁と協議しながら作成することになっています。県としては、引き続き、山梨県や関係市町村と連携を密にし、推薦書の完成度を高めるよう、文化庁等に協力していきます。

推薦書原案作成に係るこれまでの経過については、富士山世界文化遺産登録推進両県合同会議ホームページを御参照ください。

⇒富士山世界文化遺産登録推進両県合同会議ホームページ(外部サイトへリンク)

世界遺産ニュースレター『富士山を世界文化遺産に!』vol16を発行しました(平成23年6月30日)

ニュースレター16

⇒世界遺産ニュースレター

韮山反射炉が「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産候補に追加されました(平成23年6月8日)

韮山反射炉(伊豆の国市)を、世界文化遺産登録を目指している「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産候補に追加することが、6月6日に下関市で開催された、鹿児島県など7県12市で構成される「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会総会で報告されました。

【韮山反射炉の概要】

  • 韮山反射炉は、江戸時代末に、韮山代官江川英龍の建言により築造された現存する日本最古の反射炉。安政元年(1854)起工、途中で英龍が死去したため、跡を継いだその子英敏が安政(1857)4年に完成させました。
  • 大正11年、国の史跡に指定されました。

⇒「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会ホームページ(外部サイトへリンク)

世界遺産ニュースレター『富士山を世界文化遺産に!』vol15を発行しました(平成23年3月31日)

今回のニュースレターには、2月20日に開催された「富士山の日記念世界文化遺産特別講演会」の様子や、世界文化遺産登録に係る平成23年度のスケジュールを掲載していますので、是非御覧ください。

ニュースレターvol15

日本平PA地域情報発信コーナーにおいてPR活動を行いました(平成23年3月1日)

2月26日にNEXCO中日本株式会社静岡保全サービスセンターが東名高速道路日本平PA下り線に、新たに設置した地域情報発信コーナーにおいて、富士山の世界文化遺産登録の取組についてPR活動を行いました。当日は啓発パンフレットの配布や輪投げ、美しい富士山を未来へつなぐ会のメッセージ募集を行いました。

富士山の日記念世界文化遺産特別講演会を開催しました(平成23年2月23日)

2月20日にグランシップにおいて富士見のイベントとして、『富士山の日記念世界文化遺産特別講演会』を開催しました。当日は、静岡県立美術館館長の芳賀徹氏が“富士―日本のマドンナ北斎の「冨嶽三十六景」をめぐって”と題し、講演を行いました。会場には約600人の方々が聴講に訪れ、富士山が北斎をはじめとして、国内外の芸術家達に多大な影響を与えたという話に熱心に耳を傾けていました。

世界文化遺産特別講演会

『なんでも富士山2011』に出展しました(平成23年2月23日)

2月19日から2月20日に富士市産業展示場「ふじさんめっせ」で『なんでも富士山2011』が開催されました。会場では富士山をテーマとした写真展や地元製品の物販などが行われました。世界遺産推進課でもブースを出展し、多くの方にリーフレットや啓発品を配布し、富士山世界文化遺産登録の推進をPRしました。

なんでも富士山会場の様子

富士山への想いを込めたメッセージの募集活動を開始しました(平成23年2月23日)

本年、2月23日(富士山の日)から「美しい富士山を未来に引き継ぐ会」が、静岡県が山梨県及び関係市町村と連携して取り組んでいる富士山の世界文化遺産登録への賛同と富士山憲章の理念の下、富士山を未来へ継承する想いを込めたメッセージの募集活動を開始しました。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

スポーツ・文化観光部文化局富士山世界遺産課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3746

ファックス番号:054-221-3757

メール:sekai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?