• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ・観光 > 文化・観光部文化局富士山世界遺産課 > 富士山ー信仰の対象と芸術の源泉 > 富士山世界遺産課/過去のニュース&トピックス > ニュース&トピックス(H26~) > 富士山で雪崩が発生、ご注意ください

ここから本文です。

更新日:平成28年3月18日

富士山で雪崩が発生、十分ご注意ください

例年より残雪が多い富士山で、5月2日午前8時15分、雪崩が確認されました。 

今後も、多くの来訪者が富士山五合目周辺へ訪れることが見込まれますが、雪崩や雪解けにより緩んだ浮石の落石の恐れ等に、十分な注意が必要です。

1発生状況

5月2日午前8時15分ごろ、須走口の山小屋関係者より御殿場警察署へ、雪崩が発生した旨の電話連絡がありました。

  • 県警察本部が、上空及び須走口五合目で確認を行いました。
  • 5月2日午後2時現在、人的・物的被害はない模様です。
  • 雪崩の発生場所:御殿場ルート及び須走ルートの中間地点。七合目付近
  • 雪崩の規模:幅約100メートル。標高約2,700メートルから約2,400メートルにかけて発生

2注意喚起の状況

  • 富士宮口五合目レストハウスに、雪崩の注意を呼びかける掲示物を設置しました。

五合目のブル道入口及び自然休養林の出入口に、バリケードを設置し、注意を呼びかける掲示物を掲示しています。

  • 須走口五合目の山小屋(2軒)に、雪崩の注意を呼びかける掲示物を設置しました。

※静岡県側の登山道3ルートは、現在、冬期閉鎖(全面通行止め)中です。

環境省、静岡・山梨両県、地元市町村及び観光事業者など関係機関等で構成される「富士山における適正利用推進協議会」では、遭難事故の防止及び自然環境の保全を行うための指針となる「富士登山における安全確保のためのガイドライン」を策定しています。ぜひ御覧いただき、安全で快適な富士登山を行うよう、御注意願います。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化・観光部文化局富士山世界遺産課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3746

ファックス番号:054-221-2980

メール:sekai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?