• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > 静岡県の大学 > 静岡県の大学/大学紹介 > 静岡県の大学/大学紹介(静岡県立大学)

ここから本文です。

更新日:平成29年5月26日

 静岡県立大学

県立大学静岡県立大学は、昭和62年4月に静岡薬科大学、静岡女子大学、静岡女子短期大学を改組統合し、併せて新学部を増設して発足した総合大学です。

本学は、「県民の誇りとなる価値ある大学」の実現に向け、教育研究活動を行っています。学生の目線を大切にして、高度できめ細やかな教育を提供し、質が高いキャンパスライフの実現を目指しています。また、静岡県の最高学府としての自覚を持ち、独創性豊かで高い学術性を備え、国際的な評価に価する研究を推進しています。

草薙キャンパス(旧谷田キャンパス)は、秀峰富士を仰ぎ見る静岡市の日本平丘陵地帯の麓に広がる、赤レンガ作りの建物が美しいキャンパスです。周辺には、県立中央図書館、県立美術館があり、これらの施設に県舞台芸術センター(SPAC)、グランシップ、県埋蔵文化財センター、ふじのくに地球環境史ミュージアム及び本学を加えた7機関で「ムセイオン静岡」として学術文化の交流を行っています。

学部は薬学部、食品栄養科学部、国際関係学部、経営情報学部、看護学部の5学部があり、幅広い教養と基礎専門、応用専門領域を充実させて、社会に貢献し広く国内外で活躍できる人材を育成しています。看護学部は草薙キャンパスと小鹿キャンパス(静岡市駿河区小鹿)の2キャンパスで学んでいます。

大学院は、薬食生命科学総合学府(薬学研究院、食品栄養環境科学研究院)、国際関係学研究科、経営情報イノベーション研究科、看護学研究科があり、高度な専門的知識・能力を持つ高度専門職業人及び想像力豊かで研究・開発能力が優れた研究者の育成を目指しています。

本学は、文部科学省の平成26年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC:Center of Community事業)に採択され、人口流出や地場産業の衰退など地域課題を解決すべく、自治体と連携して、静岡の「健康長寿」と「未来」を支える優れた地域貢献人材の育成を目指しています。

また、本学は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ベルギー、トルコ、スペイン、モルドバ、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、タイ、フィリピン、ベトナム、バングラデシュの大学や研究機関と大学間あるいは部局間交流協定を結び、教員、学生の相互交流などを推進するとともに、100名近くの外国人留学生を受け入れるなど、活発な国際交流活動を展開しています。

本学学生の就職状況は、内定率が高い水準(2016年3月卒業者:98.8%)を維持しており、大学で学んだ専門性を活かして各界で活躍しています。

入学定員

学部・大学院研究科 入学定員(学部) 編入定員(学部) 入学定員(修士・博士前期) 入学定員(博士・博士後期)

薬学部

120

     

食品栄養科学部

70

若干名※

   

国際関係学部

180

     

経営情報学部

100

     

看護学部

120

10

   

薬食生命科学総合学府

(博士前期・博士後期・博士)

   

75

38

国際関係学研究科(修士)

   

10

 

経営情報イノベーション研究科

(修士・博士後期)

   

10

3

看護学研究科(修士)

   

16

 

※食品生命科学科のみ 

所在地(お問合せ先)
〒422-8526
静岡県静岡市駿河区谷田52-1
電話番号:054-264-5102

Webサイト
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/

静岡県の大学/大学紹介へ戻る

お問い合わせ

文化・観光部総合教育局大学課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3749

ファックス番号:054-221-2905

メール:daigaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?