• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 文化・観光部 > 教育に関する大綱・県教育振興基本計画

ここから本文です。

更新日:平成29年10月5日

教育に関する大綱・県教育振興基本計画

次期県教育振興基本計画

平成30年度から平成33年度までを計画期間とする「次期静岡県教育振興基本計画」を策定するに当たって、外部有識者の知見の活用を図るため、静岡県教育振興基本計画推進委員会を設置し、同委員会を開催しています。

第1回静岡県教育振興基本計画推進委員会の開催

 

1日時

平成29年9月26日(火曜日)午後1時30分~3時30分

2場所

県庁別館9階特別第二会議室

3構成員

〇委員一(委員長、以下50音順、敬称略)

弘典(委員長)

(一社)ふじのくにづくり支援センター理事長

敦史

静岡大学大学院教育学研究科教授

静岡文化芸術大学文化政策学部教授

尚徳

株式会社なすび専務取締役

由弥子

静岡産業大学情報学部准教授

妙子

(公財)佐野美術館館長

 

4内容

次期静岡県教育振興基本計画の第一次案について

5公開について

傍聴について(PDF:62KB)

6資料

第1回静岡県教育振興基本計画推進委員会資料(PDF:300KB)

静岡県教育振興基本計画(平成30年度~33年度)第一次案

教育に関する大綱(ふじのくに「有徳の人」づくり大綱)

地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正(平成27年4月1日施行)により、地方公共団体の長に教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の「大綱」を策定することが義務付けられました。
これを受け、総合教育会議での協議を経て、平成28年2月23日に大綱を策定しました。

ふじのくに「有徳の人」づくり大綱(PDF:927KB)

1名称

ふじのくに「有徳の人」づくり大綱

2

本県教育の目標や施策の基本方針を、県民の皆様にわかりやすく示すもの

3

平成29年度まで

4

本県教育の基本目標

「有徳の人」づくり

「有徳の人」づくり宣言

文武芸三道の鼎立
生涯にわたる多彩な学びの場の実現
社会総がかりの教育の実現

大綱期間中に重点的に取り組むもの

「確かな学力」の育成
教職員及び高校生の国際化
「新しい実学」の奨励
生きがいや潤いをもたらす文化・スポーツの振興
高等教育の充実
家庭の教育力向上
地域人材の活用
「命を守る教育」の推進

県教育振興基本計画

現在、静岡県では、個人として自立し、人との関わり合いを大切にしながら、よりよい社会づくりに参画し行動する「『有徳の人』の育成」を基本目標とした、静岡県教育振興基本計画「有徳の人」づくりアクションプランに基づいた施策を全庁体制で推進しています。

静岡県教育振興基本計画「有徳の人」づくりアクションプラン第2期計画(PDF:1,433KB)

1

静岡県教育振興基本計画「有徳の人」づくりアクションプラン第2期計画

2本目標

「有徳の人」の育成縦の接続と横の連携で育む~

3期間

第1部本構想成23年度から概ね10年間
第2部本計画成26年度から平成29年度まで

4基本計画の構成

第1章涯学習社会の形成

第2章ライフステージの円滑な接続による人づくりの推進

第3章会総がかりで取り組む人づくりの推進

第4章きがいや潤いをもたらす文化・スポーツの振興

第5章代の重要課題に対応した教育の推進

5評価

県教育振興基本計画「有徳の人」づくりアクションプラン第2期計画について、外部有識者で構成する評価委員会の意見を踏まえて評価を行いました。

第2期計画評価書(平成29年2月14日数値更新)(PDF:1,580KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化・観光部総合教育局総合教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3304

ファックス番号:054-221-2905

メール:sougouEDU@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?