• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > 静岡県の人づくり > しつけの静岡方式

ここから本文です。

更新日:平成26年1月6日

静岡県の人づくり

草柳大蔵の人づくりちょっといい話
人づくりの現場から
人づくり情報「意味ある人」
 
 
 
”しつけ”を考えたいときに

しつけの静岡方式

しつけの静岡方式

  • 家庭でのしつけは、人づくりの土台とも言えるものです。
  • ”しつけ”は”躾”とも書き、「礼儀作法を身につけさせること。また、身につけた礼儀作法」という意味に続いて、「縫い目を正しく整えるために仮にざっと縫いつけておく」という意味があります。
  • つまり、”しつけ”は”美しい”という価値感(注)と関わり、その到達目標に向かって”仮にざっとしておく”ことなのです。
  • 家族みんなで”美しい”ということを楽しく模索しながら、”しつけ”は社会全体で仕上げていけばよいと気楽に考えて、みんなで”しつけ”の静岡方式を創り出しましょう。
    (注)価値感~提言では、美しく感じるくらいという意味で、価値”感”と表現しています。
”しつけ”の静岡方式を創り出すための3つの柱

「人づくり百年の計委員会」提言では、”しつけ”の静岡方式を作り出せるよう、次の3つの柱を立てています。

美しく挨拶しよう

  • 家庭での挨拶は、子どもの安心感を生み、家族の絆を増していきます。
  • まず、大人から子どもへの美しい挨拶で、子どもの自尊心をはぐくみましょう。
  • 「おはよう」「いただきます」「ごちそうさま」「ただいま」「おやすみなさい」の5つの言葉をはっきり言う習慣をつけましょう。

美しく歩こう

  • 美しく歩くというのは、「人間らしい立ち居振る舞い」のひとつです。
  • 背筋を伸ばしてきれいな姿で歩きましょう。
  • 歩くことのほかにも、靴をそろえる、箸をきちんと持つなど、家族なりの「作法」を家族みんなでつくりあげていきましょう。

美しく話そう

  • 子どもが一人でテレビを見ているだけでは、言語的知性の発達は期待できません。
  • 家庭での会話や本の読み聞かせなどにより、しっかりとした日本語を身につけさせ、自分のことや社会のことについて意見を表明する力をはぐくみましょう。

しつけの静岡方式について考えるために

故草柳会長の文章から
 

お問い合わせ

文化・観光部総合教育局総合教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3304

ファックス番号:054-221-2905

メール:sougouEDU@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?