• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 文化・観光部 > 富士山の日 > 富士山の日条例

ここから本文です。

更新日:平成27年2月25日

富士山の日
  富士山の日条例
  ふるさと富士写真館
  あなたの「富士山物語」
  富士山百人一首
  富士山百人一句
  富士山万葉集
  富士山歳時記
  富士山漢詩百選
  「秀景ふるさと富士写真コンテスト」入賞作品
  “ふじのくに”づくり宣言・“ふじのくに”平和宣言
  なるほど!?富士山
  ぬり絵
富士山憲章
富士山総合案内
イベント等情報


富士山の日トップページへ
ここから本文です。

「富士山の日」制定趣旨、条例

趣旨

国民の財産であり、日本のシンボルである富士山は、その類まれなる美しい自然景観により、人の心を打ち、芸術や信仰を生み出してきました。

こうした偉大なる富士山を抱く静岡県において、すべての県民が富士山について学び、考え、想いを寄せ、富士山憲章の理念に基づき、後世に引き継ぐことを期する日として、2月23日を「富士山の日」とする条例を制定しました。

今後は、「富士山の日」の制定を契機として、富士山環境保全活動や富士山世界文化遺産登録等の取組に対する県民の理解を深めることなどにより、富士山を後世に引き継ぐための県民運動の促進に努めます。

条例(平成21年12月25日静岡県条例第72号)

静岡県富士山の日条例

(目的)

第1条県民が、世界に誇るべき国民の財産であり、豊かな恵みをもたらしている富士山について理解と関心を深め、富士山を愛する多くの人々とともに、富士山憲章(平成10年11月18日に静岡県と山梨県とが共同して制定したものをいう。)の理念に基づき、富士山を後世に引き継ぐことを期する日として、富士山の日を設ける。

 

(富士山の日)

第2条富士山の日は、2月23日とする。

 

(県の責務)

第3条県は、富士山の日の趣旨にかんがみ、富士山を後世に引き継ぐための県民運動の促進に努めるものとする。

 

附則

この条例は、公布の日から施行する。

 

平成21年12月25日公布

お問い合わせ

文化・観光部文化局富士山世界遺産課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3375

ファックス番号:054-221-3757

メール:sekai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?