• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ・観光 > オリンピック・パラリンピック推進課 > ホストタウン

ここから本文です。

更新日:平成30年3月30日

ホストタウン

ホストタウンとは

ホストタウンとは、東京2020オリンピック・パラリンピック開催をきっかけとして、大会参加国・地域との交流を図ることと、地域の活性化を目指すことを目的とした事業です。

内閣官房によって、ホストタウンに登録されると、その市町村が行う、相手国・地域の事前合宿(キャンプ)の受入や国際交流事業に対して、国からその費用の優遇措置を受けることができます。

 

静岡県内の登録状況

ホストタウンはこれまでに第6次登録まで行われ、全国で218件の登録があります。そのうち、県内では12の市が合計9の国・地域のホストタウンとなっています。

お知らせ

  • 【第5次】下田市がアメリカのホストタウンに登録されました
  • 【第5次】牧之原市がアメリカのホストタウンに登録されました
  • 【第5次】島田市がシンガポールのホストタウンに登録されました
  登録 自治体 相手国・地域
1 第1次 三島市 アメリカ
2 焼津市 モンゴル
3 掛川市 台湾
4 藤枝市 イタリア
5 伊豆の国市 モンゴル
6 第2次 静岡市 スペイン、台湾
7 浜松市 ブラジル
8 御殿場市 台湾
9 第3次 御殿場市 韓国
10 第4次 富士宮市 スペイン
11 島田市 モンゴル
12 牧之原市 中国
13 第5次 下田市 アメリカ
14 島田市 シンガポール
15 牧之原市 アメリカ

 

ホストタウン登録状況地図(PDF:482KB)

共生社会ホストタウン

共生社会ホストタウンとは、「共生社会の実現に向けた取組の推進」と「東京大会の事後交流も含めた、幅広い形でのパラリンピアンとの交流」を目指して、平成29年11月から募集が開始されたホストタウン制度です。障害のある海外選手を迎え入れることで、市町のユニバーサルデザイン及び心のバリアフリーに向けた取組を行うことや、住民がパラリンピアンと交流をすることで共生社会の実現へ向けた取組への理解を進めることを目的としています。

県内では浜松市がこの共生社会ホストタウンに登録されています。

 




 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化・観光部スポーツ局オリンピック・パラリンピック推進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3191

ファックス番号:054-221-2980

メール:olypara@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?