• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 文化・観光部 > ふじのくに体験型教育旅行安全管理

ここから本文です。

更新日:平成24年4月11日

安全管理

静岡県では、子どもたちが安心して体験できるよう、受入地域における安全管理体制の徹底を図っています。

各地域においては、子どもたちの安全を確保するため、安全管理マニュアルを策定しており、受入前に体験・宿泊等受入施設の責任者による打合せ会を開催し、安全面の確認を徹底しています。
マニュアルには、体験プログラムごとの留意点や子どもたちの健康チェック、いざというときの対応や体験場所からの避難地・ルートなどを明示しているほか、行政・医療機関など関係機関への連絡先を明記しています。

また、平常時には、定期的な避難訓練や意見交換会、研修会を開催し、地域全体でのレベルアップを図っています。

さらに、東日本大震災を受け、安全・安心の確保に一層の関心が高まったことから、静岡県では、県内の受入地域を対象とした安全管理ワークショップを定期的に開催しており、各地域の安全管理マニュアルの実効性と質的向上を図っています。このワークショップは、防災関係の有識者や第一線で活躍するインストラクターなど、安全管理・リスクマネジメントの専門家の助言をいただき、体験時の注意点や健康面、衛生面における留意点等だけでなく、風水害、地震、津波等の災害時の対応など、幅広く検討を行っています。

各受入地域に対しては、次のような見直し・質的向上サイクルを不断に続けていくことを求めています。

1.子供たちの受入・研修会や訓練の実施、2.安全管理マニュアルの見直し、3.内容の周知・徹底

以上のような取組により、受け入れた子どもたちの安全・安心の確保に万全を期しています。

ふじのくに体験型教育旅行に関する静岡県の方針ページを見る


ふじのくに体験型教育旅行情報サイト「びビっと+」のサイトを見る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?