• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 静岡県議会トップページ > 県議会のあゆみ(新旧憲法時代)

ここから本文です。

更新日:平成28年2月24日

議会のあゆみ~新旧憲法時代~

旧憲法時代

静岡県会は、明治11年に公布された太政官布告府県会規則に基づいて、明治12年3月に最初の県会議員選挙が行われ、同年5月10日に第1回の県会が開かれたのが始まりである。この時の選挙は、被選挙人は満25歳以上の男子で地租10円以上の納税者、選挙人は満20歳以上の男子で同5円以上の納税者であること等、いわゆる制限選挙であった。議員の定数は42名、任期は4年で、2年ごとに半数改選が行われることになっていた。

明治23年5月に府県制が公布された。本県では郡制施行との関係で明治30年4月から施行され、間接選挙制による県会議員選挙も2回行われた。

明治32年3月に府県制の全面的改正が行われ、間接選挙制は再び直接選挙制に改められ、2年ごとの半数の改選も廃止された。

府県制の改正は、その後もたびたび行われ、大正15年6月には普通選挙制採用による改正があった。この普通選挙制による最初の県会議員の選挙は、昭和2年10月14日に執行された。府県制度の改正は、自治権の拡充、府県会の権限強化の方向へ進んだ。しかし、太平洋戦争勃発後は、国の統制強化、府県会の権限縮小の方向の制度改正が行われた。

県庁舎(明治23年~昭和11年)

県庁舎(明治23年~昭和11年)

県庁舎全景(右は議事堂)

県庁舎全景(右は議事堂)

静岡県会議事堂(明治28年~昭和11年)

静岡県会議事堂(明治28年~昭和11年)

議事堂と県庁舎(左)

議事堂と県庁舎(左)

新憲法時代

終戦後、新憲法に基づき地方自治法その他の地方制度関係法令が制定されて、知事を公選する完全自治体としての府県が生まれた。

昭和22年4月30日、新たに婦人有権者を加えて新制度による県議会議員の一般選挙が行われた。本県議会の議員の定数は63名となり、党派別当選者数は、自由党24名、民主党9名、社会党9名、国民協同党7名、無所属14名であった。

県議会の運営にも大きな改革が行われ、定例会が年6回開催されるとともに、新しい常任委員会制度が採用された。

このようにして、静岡県会は、静岡県議会として名実ともに新しい第一歩を踏み出したのである。その後もたびたび地方制度の改正があり、特に昭和27年8月及び昭和31年6月の地方自治法改正では、定例会も現行の年4回以内に改められた。また、平成12年4月の地方分権一括法の施行により、機関委任事務制度が廃止され、県の事務は原則としてすべて県議会の審議・決定に付されることになった。

現在の県議会は、平成27年4月12日執行の静岡県議会議員選挙によって選出された議員によって構成されている。

 

県庁舎(3階・4階が県議会)(昭和12年~現在)

県庁舎(3階・4階が県議会)
(昭和12年~現在)

現在の県庁舎全景

現在の県庁舎全景


 

新旧憲法時代

県議会の主な出来事へ

議員定数の変遷へ

歴代正・副議長一覧へ

 

県議会HOMEへ戻る

 

お問い合わせ

県議会事務局政策調査課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2559

ファックス番号:054-221-3572

メール:gikai_chousa@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?