• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > ようこそ知事室へ

ここから本文です。

更新日:平成27年3月18日

ようこそ知事室へ

川勝知事近影

 

昨年4月、県では、新たな総合計画「後期アクションプラン」をスタートさせました。日本の国土のシンボルである富士山から導かれる多様な価値に立脚し、各人が個性を発揮して、美を重んじ、和を尊び、物心ともに豊かで品格ある社会、富国有徳の理想郷“ふじのくに”づくりの総仕上げを着実に進め、「県民幸福度の最大化」を目指してまいります。

今、地方創生が重要な課題となっていますが、本県では、国に先駆け、大規模地震への万全の備え、防災・減災と地域成長の両立を目指す「内陸のフロンティア」を拓く取組、人口減少社会への挑戦、新成長産業の育成と雇用創造など、安全・安心で魅力ある地域づくりに取り組んでいます。

本県は、世界遺産・富士山や、世界農業遺産の茶草場農法、ユネスコエコパークの南アルプス、世界ジオパークを目指す伊豆半島、世界文化遺産候補の韮山反射炉など、世界水準の「場の力」に恵まれた地域です。また、日本一を誇る食材やお茶、美しく咲き誇る花々、豊かな森林や水、全国トップの日照条件など、「食の都」「茶の都」「花の都」「森林(もり)の都」「水の都」「太陽の都」と呼ぶにふさわしい中心性を持つ地域です。

“ふじのくに”静岡県には、こうした世界水準の「場の力」を最大限に活用し、その中心性を自覚しながら、ポスト東京時代を拓く我が国の新しい顔として、世界に飛躍していくことが大いに期待されます。

その先駆けとして、今年は「徳川家康公四百年祭」が開催されます。戦乱の世を天下泰平の世に変え、文化の力、「学問立国」の構築により「パクス・トクガワーナ(徳川の平和)」を実現した、その御遺徳と歴史的意義を国内外に発信し、家康公ゆかりの地・静岡をアピールしてまいります。

県では、2016年主要国首脳会議(サミット)の本県開催を目指しています。先進国の首脳が一堂に会する世界最高峰の会議の開催は、高い経済効果に加え、この地域の存在を未来の世代に伝える絶好の機会になるでしょう。また、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪の開催に向けて、開催会場や合宿地の誘致を進めています。ロンドン五輪でのカルチュラル・オリンピアードの成功に倣い、文化的なイベントを各地で展開するなど、スポーツ振興のみならず、文化、観光、産業の幅広い分野で交流を進展させ、地域活性化につなげてまいります。

今年一年が、本県が富士山のように人々の憧れを集め、「世界の中の“ふじのくに”」にふさわしい魅力ある地域として発展し、世界に羽ばたく幕開けの年となるよう、全力を傾注してまいりますので、皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。

平成27年1月

静岡県知事・川勝平太

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?