• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 静岡県の日本一「Myしずおか日本一」 > くらし・安全 > 沼津港大型展望水門「びゅうお」~シェル構造(単段)の水門ゲート設備全体重量日本一~

ここから本文です。

更新日:平成29年4月3日

Myしずおか日本一

情報データ集

「静岡県が日本一」募集中!

ご意見・ご感想、あなたの知っている「静岡県が日本一」を教えてください。
ここから本文です。

沼津港大型展望水門「びゅうお」~シェル構造(単段)の水門ゲート設備全体重量日本一~


びゅうお写真

写真提供:沼津土木事務所

沼津港において、東海地震などにより発生が予想される津波から、沼津市内の住民の生命と財産を守るための航路水門が、平成16年9月に完成しました。

この水門は、沼津港の内港と外港を結ぶ航路上に設置され、航路を1スパンでまたぐ扉体は、シェル(殻)構造と呼ばれるボックス断面で、幅40メートル、重量406トン。同構造の単段ゲート設備(上部工)全体重量では日本一となる923トンとなっています。

<津波対策としての水門に展望回廊を併設>

この水門の扉体は、通常、満潮海面から15メートルのクリアランスを保った位置で固定され、その下を漁船や客船が航行します。津波の想定水位は干潮海面から5.8メートル。これに航路の水深-3.5メートルを加えたものが、扉体の高さ9.3メートルとなっています。

万一、津波が発生し、地震計が250ガル以上、震度5強以上を検知すると、水門扉が急降下して閉鎖する自動制御システムを採用しています。

なお、高さ約30メートルの水門最上部には展望回廊も併設され、公募により「びゅうお」と愛称決定されました。「びゅうお」はview(びゅう(景色、眺めの意味))と魚(うお)を組み合わせた名前です。

この沼津港大型展望水門は、市民の安全を守るだけでなく観光施設としても重要な役割を果たしています。

住所:沼津市本字千本1905番地の27

資料:静岡県沼津土木事務所

 

お問い合わせ

経営管理部情報統計局統計利用課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2242

ファックス番号:054-221-3609

メール:toukeiriyou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?