• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 環境政策課 > 環境政策課企画班 > 地下水を活用した熱交換システム

ここから本文です。

更新日:平成30年11月8日

地下水を活用した熱交換システム

県では、省エネルギー対策やエネルギーの地産地消を進めるため、富士山周辺の水温が安定した豊富な地下水の熱を自然エネルギーとして活用する熱交換システムの普及に取り組んでいます。

「地下水を活用した熱交換システム」の概要

システムイメージ

  • 熱交換システムとは、温度の高いものから低いものへ効率的に移動させ、加熱や冷却を行う機械です。エアコンや冷蔵庫などが代表的な使い方です。
  • わたしたちが普段利用しているエアコンは、空気の熱をヒートポンプを使って熱交換し、冷たい風や温かい風をつくっています。
  • 今回のシステムは、空気熱のかわりに温度の安定した地下水の熱を使い、熱交換効率を高め使用電力量を少なくしようとするものです。
  • 富士山周辺に多くある既存の井戸を活用することにより、設置費用の低減を図ることができます。
  • 地下水から熱だけを取り出すので、地下水量や周辺に影響を与えません。

     

     

     

    システムモデルの設置

    「地下水を活用した熱交換システム」を広く知っていただくため、システムモデルを設置しました。

    今回設置したシステムモデルの空調能力は、15畳程度の部屋に対応した家庭用エアコンと同程度です。(暖房5kW、冷房4kW)

    設置場所

    • 「おみやげきたがわ」お宮横丁内土産物屋店舗(富士宮市宮町)
    • 「五條製紙株式会社」排水処理管理事務室(富士市原田)

    システムの導入事例new!

    平成29年12月に焼津市が、同市総合体育館に地下水熱交換システム(輻射式冷暖房)を導入しました。
    同システムは消費電力が少なく、災害・停電時にも稼動可能であるなどメリットが大きいため、平成30年10月12日に、市町職員等を対象として見学会を開催しました。
    開催報告(PDF:188KB)

    「富士山周辺地域における地下水熱利用の手引き」「地下水熱利用適地マップ」について

    地下水熱を活用した熱交換システム導入に当たっての手順や配慮事項、設置事例等を示した手引きを作成しました。

    「富士山周辺地域における地下水熱利用の手引き」(PDF:4,319KB)

    あわせて、地下水熱のポテンシャルを見える化するマップを作成しました。

    「富士山周辺地域における地下水熱利用適地マップ」(PDF:2,134KB)

    「安倍川下流域における地下水熱利用適地マップ」(PDF:4,485KB)

    システム導入を検討される企業をはじめとする皆様、ぜひ参考にしてください。

    この手引き、マップに関するお問合せは、静岡県環境衛生科学研究所環境科学部(外部サイトへリンク)までお願いします。

     

     

     

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    くらし・環境部環境局環境政策課

    〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

    電話番号:054-221-2421

    ファックス番号:054-221-2940

    メール:kankyou_seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?