• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 環境政策課 > 環境政策課企画班 > 静岡県環境学習データバンク > 令和3年度ふじのくに環境フォーラム

ここから本文です。

更新日:令和3年11月4日

参加者募集!ふじのくに環境フォーラムを開催します!(募集期間延長)

地球温暖化をはじめ、環境問題が多様化、深刻化している中、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、廃プラスチック増加の懸念や新しい生活への対応など、環境をめぐる新たな課題が浮き彫りとなってきています。そこで、テレビ等にも出演し、環境化学の普及啓発に尽力されている五箇公一氏を講師としてお招きし、アフターコロナ時代の環境にやさしい暮らし方について考えます。※新型コロナウイルス感染症の状況によってオンライン開催(zoom)になる場合があります。

五箇公一教授プロフィール写真五箇公一氏

環境フォーラム概要

  1. 日時:令和3年11月16日(火曜日)13時00分~16時30分
  2. 会場:もくせい会館(静岡市葵区鷹匠3丁目6-1)
  3. 内容
  • 基調講演「これからの地球環境と私たちの暮らしのあり方」

講師:国立環境研究所生態リスク評価・対策研究五箇公一氏(オンライン登壇)

 

  • パネルディスカッション「アフターコロナ時代における環境にやさしい暮らしのあり方とは」

パネリスト:五箇公一氏(国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室)

大塚祐介氏(朝霧高原青空ピッツァ代表)

神東美希氏(一般社団法人エコティかわね事務局長)

 

  • ワークショップ

持続的な社会づくりにつながる暮らしの具体的なヒントについて、各分野の実践者との意見交換を通じ、参加者が学びを深める。

グループ1:気候変動の最新情報と明日からできるエコライフ(静岡県地球温暖化防止活動推進センター職員)

グループ2:タネから考える生物と地域の多様性(富士山麓有機農家シードバン鈴木一正氏)

グループ3:体験型環境教育のこれから(公益社団法人日本環境教育フォーラ加藤超大氏)

ふじのくに環境フォーラムチラシ表面ふじのくに環境フォーラムチラシ裏面

チラシ表面(PDF:564KB)チラシ裏面(PDF:592KB)

募集概要

  • 募集期間:11月9日(火曜日)17時00分まで
  • 定員:70人(定員を超える場合はワークショップに参加いただける方を優先させていただきます。)
  • 申込方法:以下のQRコードを読み取り、申込フォーム(外部サイトへリンク)にアクセスいただき、案内に沿ってお申し込みください。

ふじのくに環境フォーラム申込フォームQR

サイドイベントの御案内

後日、屋外の環境教育イベントを実施します。

12月頃を予定しておりますが、日程、内容については後日、本サイトにて御案内いたします。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2919

ファックス番号:054-221-2940

メール:kankyou_seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?