• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 生活環境課 > 12月は大気汚染防止推進月間です。

ここから本文です。

更新日:令和元年10月30日

神奈川県及び山梨県と連携した冬季における大気汚染対策

冬季は、交通量の増加や暖房機器(ボイラー)の使用などの影響により、PM2.5(微小粒子状物質)の原因物質である窒素酸化物(NOx)の濃度が高くなる傾向があります。

そこで、県では、NOxの濃度が高くなる期間に合わせて、近隣県である神奈川県及び山梨県と連携して、大気汚染物質削減のための身近な取組を実践していただくよう事業者及び県民の皆様に対し呼び掛けを行っておりますので、御協力をよろしくお願いします。

1.本県の取組内容

  • 県ホームページ等による周知
  • 神奈川県及び山梨県との協働によるリーフレットの作成

啓発用リーフレット(PDF:670KB)をダウンロードできます。

2.呼び掛け内容

県民の皆様向け

ウォームビズ・ウォームシェアの実践

  • 室内の暖房は「20℃」設定を心掛けましょう。使わない部屋の暖房はOFF!
  • 重ね着などの工夫をしましょう。特に冷えやすい首まわりや足もとをあたためると効果的!
  • 窓やドアから、あたたかい空気が逃げないよう工夫しましょう。断熱シートや厚いカーテンを使うなどひと工夫!
  • 集まることであたたまろう。家族や友達、職場の仲間が一つの部屋に集まれば、暖房の節約に!

comu

環境にやさしい運転(エコドライブ)の実践

  • 自動車を運転する際は、エコドライブを実践しましょう。
  • 特にアイドリング(自動車駐車時などのエンジン稼働)は、静岡県生活環境の保全等に関する条例第105条により原則禁止されています。

エコドライブ10のすすめ

1.ふんわりアクセル「eスタート」

2.車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転

3.減速時は早めにアクセルを離そう

4.エアコンの使用は適切に

5.ムダなアイドリングはやめよう

6.渋滞を避け、余裕をもって出発しよう

7.タイヤの空気圧から始める点検・整備

8.不要な荷物はおろそう

9.走行の妨げとなる駐車はやめよう

10.自分の燃費を把握しよう

dri

環境に配慮した移動手段の選択

  • 公共交通機関を利用しましょう。
  • 天気のいい日には、自転車利用で健康増進を図りましょう。

by

 

事業者の皆様向け

環境に配慮した発注や運搬の実践

  • 物品配送や廃棄物搬出を依頼する際は、低公害車を導入しているなど環境に配慮している事業者に依頼しましょう。
  • 自ら配送を行う場合も、環境に優しい運転(エコドライブ)を実践しましょう。

car

環境負荷の少ない機種の選定を

  • 機種を更新する際は、燃費性能や大気汚染物質の排出量など、環境負荷の少ない機種を選びましょう。

3.参考

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局生活環境課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2253

ファックス番号:054-221-3665

メール:seikan@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?