• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 生活環境課 > 大気関係ホームページにようこそ > ダイオキシン対策

ここから本文です。

更新日:平成25年9月17日


ダイオキシン対策タイトル

ダイオキシンサブタイトル

ダイオキシンサブタイトル廃棄物焼却炉等での燃焼過程や製紙関係の漂白過程などで非意図的に生成する有機塩素化合物であり、ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDDs)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDFs)及びコプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)を総称していいます。その約9割は、ごみや産業廃棄物を焼却するときに発生すると考えられ、発ガン性や催奇形性などがあるといわれています。

ダイオキシンサブタイトル2

ダイオキシン類による環境の汚染の防止及びその除去等を図るため、平成11年7月に公布、平成12年1月から施行されました。同法では、耐容1日摂取量(TDI)を4pg-TEQ/kg体重/日とし、大気、水質、底質、土壌の環境基準の設定、排ガス及び排水に係る規制対象施設及びその排出基準の設定等が行われ、ダイオキシン類対策の強化が図られてきました。

ダイオキシンサブタイトル2

静岡県では、ダイオキシン類対策特別措置法第26条の規定に基づき、静岡県内の大気、水質、底質及び土壌のダイオキシン類による汚染の状況を常時監視しています。その結果については、「大気汚染及び水質汚濁等の状況」をご覧ください。

ダイオキシンサブタイトル3

特定施設を設置している事業者の方(一定規模以上の焼却炉等設置者等)には、次のことが義務付けられています。

焼却炉等の届出(焼却炉等の構造、使用方法等)
・ダイオキシン類の濃度(排出ガス、燃え殻等)の年1回以上の自主測定及び測定結果の県への報告

詳しくは届出様式をご覧ください。

ダイオキシンサブタイトル2

静岡県内(静岡市・浜松市・沼津市・富士市は除く)に特定施設を設置している事業者から県に報告された、焼却炉等からの排出ガス、燃え殻等に含まれるダイオキシン類の自主測定結果を掲載しています。

ダイオキシンサブタイトル4

廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び静岡県生活環境の保全等に関する条例で廃棄物等の野焼きは禁止されています。また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部改正により、改正廃棄物処理基準が平成14年12月1日から施行され、これにより焼却設備の構造基準が以前より厳しくなりました。

詳しくは「野焼きは禁止されています」をご覧ください。

野焼き禁止

ダイオキシンサブタイトル5

関係通知等については環境省HP「法令・告示・通達」をご覧ください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局生活環境課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2253

ファックス番号:054-221-3665

メール:seikan@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?