• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課/富士山環境保全 > 自然保護課/富士山環境保全/第2回富士山麓ごみ減量大作戦

ここから本文です。

更新日:平成28年2月16日

富士山麓ごみ減量大作戦

第2回(平成18年10月29日)活動報告

平成18年10月29日(土曜日)に「第2回富士山麓ごみ減量大作戦」を実施しました。主に道路脇での作業となりましたが、ペットボトルや空き缶、雑誌、弁当くずなどのポイ捨てごみが非常に多く、参加者の皆さんからも「なぜ、こんなにごみを捨てるの?」との嘆きの声が聞かれました。そのような中、参加者の皆様による懸命な作業の結果、前回より多くのごみを回収することができました。ご協力ありがとうございました。

活動結果
参加者数
50名
活動場所
富士市桑崎及び裾野市須山
ごみ収集量
可燃ごみ
420kg
不燃ごみ
220kg
合計
640kg

他の活動結果はこちらへ<第1回(平成18年6月28日)>

開会式
<開会式>

心配された天候も回復し、無事開会式を行いました。残念ながら富士山は雲の中でした。
現地の様子
<現地の様子>

道路脇の草むらには、車からのポイ捨てゴミと思われるごみが、至る所にかくれていました。
ごみは人間が捨てるものであり自然界には存在しないもの。自然保護の観点からもごみはあってはならないものです。
活動の様子1
<清掃活動の様子1>

活動は3班に分かれて実施。
草むらをかき分けながら、約1~1.5kmの道路脇を歩きながら、清掃活動を行いました。
参加者の皆様は、小さなごみまで丁寧に拾ってくださいました。
活動の様子2
<清掃活動の様子2>

こんな小さな子どもさんまで参加してくれました。日本一きれいな山「富士山」として、未来の子どもたちに残してあげたいですね。
回収したごみ
<回収したごみ>

ほんの一部です。
今回はおよそ軽トラック6台分の量のごみを回収しました。
「ちりも積もれば山となる」とは正にこのこと。ポイ捨ては絶対やめましょう!
活動後集合写真
<活動後>

約2時間の活動で、1人あたり約13kgのごみを収集しました。拾ったごみは富士市・裾野市の協力を得て処分しました。

御協力ありがとうございました。お疲れ様でした。

富士山のごみ問題については、5合目以上を中心に、「富士山をいつまでも美しくする会」の一斉清掃をはじめ、ボランティア団体による自主的な取組や、来訪者のマナー向上などにより、改善に向かっていますが、富士山5合目以下の道路脇などでは、いまだにポイ捨てごみが目立ち、山中においても悪質な不法投棄ごみが発見されている状態です。
ごみが捨てられている箇所には、さらにごみが捨てられてしまいます。
そこで、静岡県自然保護室では富士山の環境保全に向けた取組みとして、ボランティアを募集して「富士山麓ごみ減量大作戦」を実施し、遠くから見ても、近くに行っても、富士山は日本一美しい山だと言われるよう、富士山5合目以下の道路や公園を中心とした清掃活動を実施しています。皆様の御協力をお願いします。


自然保護課TOPへ富士山環境保全TOPへ

お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2545

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?