• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課/富士山環境保全 > 自然保護課/富士山環境保全/富士山トイレのルールとマナー

ここから本文です。

更新日:平成28年2月16日

富士山トイレのルールとマナー

富士山は、毎年7~8月の2ヶ月間に約20万人以上の人が頂上を目指して登山しています。利用者一人ひとりがルールやマナーを守り、利用者全てが快適に富士山のトイレを利用できるようにご協力お願いします。

9月以降、山小屋が閉鎖するとトイレは使用できなくなりますのでご注意下さい(携帯トイレをご利用下さい)。山小屋の営業期間は、各山小屋にお問い合わせ下さい。

◎計画的にトイレを利用しましょう。

富士山の各山小屋には基本的にトイレが整備されています。しかし、登山口によっては山小屋間が離れていたり、 夜間で山小屋が閉まっていて使用できない場合もあります。

登山前にトイレを済ませるなど、計画的なトイレ利用を心掛けるようにしましょう。

屋外での排泄は、富士山の環境保全のために、絶対におやめ下さい。

また、山頂のトイレは、御来光直後の時間帯(早朝5時~8時頃)にトイレ混雑のピークを迎えますのでご注意下さい。

非常用として、携帯トイレを各自で持参するのも方法の一つです(携帯トイレは、登山用品店などで入手できます)。

◎トイレにごみを捨てないで下さい。

便器内へのごみ捨てはトイレの故障の原因となります。トイレが使用不能となる恐れもありますので、絶対におやめ下さい。また、トイレ室内へのごみ捨ても目立ちます。ごみは各自で持ち帰りましょう。

◎トイレ内での休憩・仮眠はご遠慮下さい。

意外と多いのがトイレ内での休憩・仮眠です。トイレを占拠されると他の利用者の迷惑になりますので、絶対におやめ下さい。

標高が高い富士山では、夜間や悪天候時には気温が下がるため、避難所的にトイレを占拠する人が居るようです。その多くが無計画な登山が原因と思われます。富士山への登山は決して安全なものではありません。自己の身の安全を図るためにも、計画を立ててから登山するようにし、他人に迷惑をかける行為は慎みましょう。

◎トイレはきれいに使いましょう。

水の確保が困難な富士山では、トイレ掃除にも十分な水が使えません。利用者一人ひとりがトイレをきれいに使うよう心掛けましょう。

◎チップ(協力金)制トイレに御協力お願いします。

富士山の山小屋トイレは各山小屋で管理しています。しかし、日頃の清掃や点検・修繕・動力用燃料の確保など、トイレ施設の運営には多額の費用を必要とします。

協力金は、そのようなトイレの維持管理費の一部として利用させていただいております。富士山の環境保全のため、また皆様が安心して快適に登山できるように、チップ制のトイレについて、ご理解とご協力をお願いいたします。

◎トイレの使用ルールを守りましょう。

トイレの種類や山小屋によって、トイレの使用方法が異なります。トイレ内の注意書きをよく読んでから利用するようにしましょう。タイプ別には以下の様な違いがありますので参考にして下さい。

バイオ式(オガクズ)トイレ

主に富士宮口・御殿場口登山道の山小屋トイレとして多く採用されています。

使用後は、オガクズとし尿を攪拌(かくはん)する装置が作動しますが、そのためには「ボタンを押す」「蓋を閉める」「ドアを閉める」などの決められた動作が必要です。トイレ内に書いてある案内にしたがって下さい。

基本的に、備え付けのペーパーや水に溶けるティシュ以外の使用はおやめ下さい。また一部の山小屋では、使用済みペーパーの投入を禁止しているところもありますので、トイレ内の注意書きに従ってご利用願います。

もちろんごみの投入は禁止タバコの投げ入れは中のオガクズに引火して火災の原因となる恐れがあるので、絶対におやめ下さい。

バイオ式オガクズタイプ

水浄化循環式(カキ殻)トイレ

主に須走口登山道の山小屋に設置されています。家庭用と同様な使用感のトイレです。このタイプのトイレは、全て「便器へのペーパー投入禁止」としています。その理由は、ペーパーまで処理すると処理槽内に汚泥がたまりやすくなり、維持管理に手間がかかってしまうからです。

使用済みペーパーは、専用のごみ箱に入れるようにして下さい。

また、利用者が多い日には洗浄水が茶色ににごる場合がありますが異常ではありません。

焼却式トイレ

主に山頂付近の山小屋トイレで採用されています。

焼却処理するので、基本的に便器内への使用済みペーパーの投入は可能ですが、焼却装置へ送るポンプが詰まる恐れがあるため、多量のペーパーの使用はおやめ下さい。当然ごみの投入も厳禁です。

簡易水洗式のタイプでは、使用後にウォーターガンで汚れやぺーパーを流す方式が多いのですが、富士山では水は大変に貴重です。使用時には節水を心掛けるようにしましょう。

<洗浄用ウォーターガン>

富士山トイレ整備現在の富士山トイレ


お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2545

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?