• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課 > 自然保護課/野生生物 > 第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ)について

ここから本文です。

更新日:平成29年3月10日

第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ)(第4期)

計画策定の目的

科学的・計画的な管理により、ニホンジカの長期にわたる安定的な維持と農林業被害の軽減を図り、生物多様性の保全、及び人との適切な関係の構築を目指します。

計画策定の背景

ニホンジカは明治から昭和初期にかけて全国で乱獲され、個体数が減少しました。しかしその後の保護政策や自然生態系における捕食者の欠如、採食植物の現存量の増加といったことから、現在では全国的に個体数が増加し、分布域も拡大しています。

県内においても、ニホンジカの個体数は増加傾向にあり、そのためにスギ、ヒノキ等造林木の枝葉の食害と樹皮摂食による枯損の害、シイタケ原木林の萌芽枝の食害、果樹やイネの食害などニホンジカによる農林業被害は多岐にわたっています。
また、わが国の山地帯の気候的極相林であり、富士箱根伊豆国立公園の主要な自然生態系である太平洋側ブナ林や南アルプスの高山地域における「お花畑」においても採食圧の影響が深刻な状況となっています。

ニホンジカ

そのため、県内全域を対象とする計画を策定し、ニホンジカ対策を講じていくこととしました。

計画の概要

平成16年10月に特定鳥獣保護管理計画(ニホンジカ(伊豆地域個体群))を施行しました。

平成18年10月に上位計画の延長の伴う計画期間の1年延長を行いました。併せて、個体数の増加が推測された伊豆南・伊豆北管理ユニットでもメスジカを可猟化し、伊豆全域でメスジカの狩猟による捕獲を解禁しました。

平成20年4月に特定鳥獣保護管理計画(ニホンジカ(伊豆地域個体群))(第2期)を施行しました。

平成24年4月に静岡県内全域を対象とした特定鳥獣保護管理計画(ニホンジカ)(第3期)を施行しました。(平成27年5月の法改正に伴い、第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ)(第3期)に変更)

平成29年4月に静岡県内全域を対象とした第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ)(第4期)を施行しました。

計画期間:平成29年4月1日から平成34年3月31日まで

当面の目標である個体数削減のため、狩猟や有害鳥獣捕獲に加えて、個体数調整(管理捕獲)をメスジカの多い鳥獣保護区及びその周辺を中心に実施しています。

第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ)(第3期)のPDFファイル第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ)(第4期)(PDF:1,119KB)



野生生物のページにもどる

自然保護課のトップページにもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2719

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?