• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課 > 自然保護課/野生生物 > 認定鳥獣捕獲等事業者制度

ここから本文です。

更新日:平成29年3月23日

認定鳥獣捕獲等事業者制度

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第18条の2の規定により、鳥獣の捕獲等をする事業(以下、「鳥獣捕獲等事業」という。)を実施する者は、その鳥獣捕獲等事業が同法第18条の5第1項に規定する基準に適合していることにつき、知事の認定を受けることができます。

認定を受けるための主な要件

実績

  • 法人としての捕獲等の実績(過去3年以内、対象とする鳥獣・猟法で適切に実施)

安全管理規程の整備

  • 緊急連絡体制、猟具の点検・取扱・保管の方法、定期的な射撃練習の計画(毎年2回以上)、従事者の心身の健康状態の把握方法等を記載すること

事業管理責任者の要件

  • 安全管理体制の確保、捕獲従事者の研修の実施に関する責任者
  • 認定を受けようとする法人の役員又は雇用関係のある者等
  • 狩猟免許の取得、安全管理講習・技能知識講習の修了、救急救命講習の受講

捕獲従事者の要件

  • シカ・イノシシ等の銃猟は原則10人以上(それ以外は、猟法ごとに原則4人以上)
  • 狩猟免許・銃所持許可(銃による場合)の取得
  • 安全管理講習・技能知識講習の修了
    安全管理講習を5時間以上
    技能知識講習を5時間以上
  • 救急救命講習の受講(捕獲従事者の半数以上)
  • 損害賠償保険への加入(賠償額:銃猟1億円以上、わな猟・網猟3,000万円以上)

研修計画の作成

夜間銃猟を実施する場合(上記に追加して必要となる要件)

  • 夜間銃猟安全管理規程の整備
  • 事業管理責任者は、夜間安全管理講習の修了(5時間以上)
  • 捕獲従事者は、夜間銃猟安全管理講習の修了(5時間以上)、夜間銃猟の安全確保の技能

認定を受けた後の事業者の責務

  • 安全管理体制の維持
  • 技能・知識の維持向上(研修の実施)

認定申請

主たる事業所の所在地又は主たる事業実施地がある都道府県に申請することになります。静岡県に申請しようとする法人は、静岡県における鳥獣捕獲等事業の認定に係る手続要領(PDF:148KB)及び各種申請・届出書に基づき申請してください。

制度の詳細について(環境省ンク)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3332

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?