• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課 > 自然保護課/野生生物 > 第二種特定鳥獣管理計画(イノシシ)について

ここから本文です。

更新日:平成29年3月10日

第二種特定鳥獣管理計画(イノシシ)第3期

計画策定の目的と背景

近年、イノシシによる農林産物への被害が甚大となっており、本県被害額全体の約3割を占めています。また、その分布は里地・里山などの人間の生活圏へ広がっており、人的被害や生態系への影響も懸念されています。
県では、イノシシについて計画的に管理を行い、農林業被害の軽減を図りつつ、人との適切な関係を構築することを目的として、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に基づく第二種特定鳥獣管理計画(イノシシ)を策定しました。
なお、本計画に基づき、イノシシの捕獲を促進するため、狩猟期間を延長します。

 

第二種特定鳥獣管理計画(イノシシ)第3期の概要

 

1計画期間平成29年4月1日から平成34年3月31日まで

2管理の区域静岡県全域

3管理の目標

平成25年度の農林産物被害額(約1億6千万円)を基準として、毎年5%程度軽減し、平成33年度には約35%減少させる

4個体数調整に関する事項

(1)狩猟期間の延長
従来の狩猟期間の前後(11月1日~14日、2月16日~3月15日)を延長

(2)有害鳥獣捕獲の推進と農林業者による自衛捕獲の促進
(3)捕獲の担い手の育成と確保

5被害防除対策に関する事項

防護柵の設置を中心とした被害防除対策の実施を推進

6生息地の保護及び整備に関する事項

人とイノシシの生息域との緩衝帯の整備と、森林整備による生息環境の確保

7その他管理に必要な事項

モニタリング等の調査研究、計画の実施体制、情報の収集と普及啓発、捕獲個体の有効活用、猟期延長に伴う事故・違反の防止

 


線

野生生物のページにもどる

自然保護課のトップページにもどる


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2719

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?