• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 自然保護課 > 自然保護課/野生生物 > 狩猟解禁について

ここから本文です。

更新日:平成29年10月13日

 

平成29年11月1日からニホンジカ及びイノシシ猟が、11月15日から全狩猟が解禁となります

今年度の鳥獣保護管理法に基づく静岡県内の「狩猟期間」

狩猟期間 平成29年11月15日(水曜日)から平成30年2月15日(木曜日)
解禁猟法

「網猟」(むそう網、はり網、つき網、なげ網)

「わな猟」(くくりわな、はこわな、はこおとし、囲いわな)

「銃猟」(ライフル銃、散弾銃、空気銃)

静岡県内での狩猟に係る今年度の主な変更点

1ニホンジカとイノシシの狩猟期間の延長範囲が広がります

延長期間 平成29年11月1日(水曜日)から平成30年3月15日(木曜日)
可能猟法

銃猟

わな猟

対象鳥獣

ニホンジカ

イノシシ

 ニホンジカとイノシシの狩猟期間の延長(PDF:175KB)

 

2「くくりわな」の輪の径12cm規制が一部緩和されます

(1)ニホンジカ、イノシシ以外の狩猟獣を捕獲する場合

輪の径が12cm超のくくりわなは使用禁止(従来と変更なし)

(2)ニホンジカ又はイノシシを捕獲する場合

時期

区域

規制の有無

1月1日~2月28日

県内全域

規制なし(12cm超使用可能)

11月1日~12月31日及び

3月1日~ 3月15日

東名高速より南側(海側)

規制なし(12cm超使用可能)

東名高速より北側(山側)

規制あり(12cm超使用禁止)

なお、上の表に関わらず、ニホンジカを捕獲する目的で、ニホンジカ以外の鳥獣の錯誤捕獲を予防する仕様のものを使用する場合は、狩猟期間を通じて県内全域で輪の径が12cm超のくくりわなを使用することができます。

 

3ニホンジカの捕獲頭数制限が撤廃されます

ニホンジカ(オス)

1日当たりの捕獲数の上限なし(銃猟、わな猟とも)

ニホンジカ(メス)

1日当たりの捕獲数の上限なし(銃猟、わな猟とも)

 

平成29年度の狩猟に関するお知らせ(PDF:94KB)

鳥獣保護区等位置図のページへ:現在は平成28年度版を掲載しています。平成29年度版はただいま準備中です。

静岡県で狩猟する際の狩猟者登録窓口

県内者 住所地を管轄する県農林事務所森林整備課
県外者

一般社団法人静岡県猟友会

郵便番号:420-0853

静岡県静岡市葵区追手町9番18号静岡中央ビル内

電話番号:054-253-6427

県外者向けの狩猟者登録の方法は、枠下の登録要領を御覧ください。

申請書様式(ワード:84KB)

静岡県外者の狩猟者登録要領はコチラ→平成29年度に静岡県に入猟しようとする者の狩猟者登録取扱要領(ワード:69KB)

◎有害鳥獣の許可捕獲に係る狩猟税の減免

平成27年度から当面の間、狩猟者の登録申請日前1年以内に、静岡県内において、有害鳥獣の許可捕獲に従事した実績を有する者は、狩猟税の減免を希望することができます(鳥獣被害特措法に基づく捕獲員及び認定鳥獣捕獲等事業者の捕獲従事者は全額免除、有害鳥獣の許可捕獲の実績がある者は2分の1)。ただし、学術許可捕獲や他県における有害鳥獣の許可捕獲などは、減税の対象になりません。

添付書類(県内者向け)→狩猟税の減免申請をされる方へ(ワード:47KB)

1.許可証の交付を受けた者

許可証の写し

捕獲従事実績を確認できる書類(許可証の写しの捕獲実績欄に捕獲年月日を補記したもの)

2.従事者証の交付を受けた者

従事者証の写し

捕獲従事実績を確認できる書類(許可証の写しの捕獲実績欄に自分が従事年した月日を補記したもの、又は様式1、有害鳥獣捕獲の受託契約団体の代表者が作成する従事日報の写し又は様式2)

添付書類(県外者向け)

1.許可証の交付を受けた者

許可証の写し

捕獲従事実績を確認できる書類(許可証の写しの捕獲実績欄に捕獲年月日を補記したもの又は様式1)

2.従事者証の交付を受けた者

従事者証の写し

捕獲従事実績を確認できる書類(許可証の写しの捕獲実績欄に自分が従事した年月日を補記したもの、又は様式1など)

 

参考:

許可証の写しに捕獲実績を補記する場合の記入例→補記の例(PDF:64KB)

狩猟税の減免を希望する際に許可捕獲従事実績を書き出す場合→様式1「許可証・従事者証に係る捕獲実績報告」(ワード:32KB)様式2「有害鳥獣捕獲の従事証明」(ワード:31KB)

認定鳥獣捕獲等事業者の捕獲従事者であることを証する証明書→鳥獣法施行規則様式第16の2(ワード:29KB)

他県から来られる狩猟者の皆さんへ!!

近年、県外狩猟者と地元住民とのトラブルが増えています。狩猟者だからと言って特権があるわけではありません。山林野には他の狩猟者、農林業関係者、ハイカーなど様々な人が出入りします。そうした人たちにも十分配慮した上で、狩猟を行ってください。

1.一般の人を動揺させるような言動、行動は厳に慎むこと。

2.銃猟の際は、周辺に民家、集落、ビニールハウスなどがある場合は、猟を行わないこと。

3.猟犬の管理は飼い主の責任であることを自覚し、第三者やペットへの危害が及ばないよう注意すること。

4.猟犬は飼い主が判るようにしておくとともに、はぐれた猟犬を猟場に放置しないこと。

5.わなを仕掛ける際は、人が通りそうな場所を避けるなど、設置場所に配慮すること。

6.柵や塀などで囲まれていなくても、他人の土地であれば、地主の了解を得ておくこと。

線

もどる野生生物のページへ

もどる自然保護課のトップページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3332

ファックス番号:054-221-3278

メール:shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?