• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 静岡森づくり情報 > 企業の森づくり > しずおか未来の森サポーター > ふじのくに森の町内会 > ふじのくに森の町内会について

ここから本文です。

更新日:平成24年3月16日

本文ここから

ふじのくに森の町内会

ふじのくに森の町内会 間伐に寄与する紙」は、紙を使って間伐などの森林整備を助ける新しいCSR活動の仕組みです。


 

しずおか未来の森サポーター

ふじのくに森の町内会

紙を使って木材を活用し、森林づくりに協力します

ふじのくに森の町内会の目的

森林の整備費用の不足により、間伐等による木材伐採量の
約半分が林内に放置されています。

間伐材の中でも、良材は建築材料等として売ることができますが、曲がっていたり育ちが悪く細い木材は、利用価値がありません。その材を森林から搬出し、運搬するだけでもかなりの費用が必要となり、赤字になってしまうからです。

間伐に必要な費用の明細

木材を森林に放置するということは、これは今まで時間をかけて育ててきた森林資源を
無駄にして木材が吸収してきたCo2を大気中に放出させてしまうだけでなく、
残骸が次回の間伐作業の障害となります。治山の面でも大変危険なことです。

間伐直後。木材を搬出しないとこのままの状態になってしまいます。 整備された森林には陽が当るので下草が生えます。

「ふじのくに森の町内会 間伐に寄与する紙」は、この搬出すると赤字になってしまう
未利用木材を林内から搬出し、「紙資源」として活用します。
 使われた紙と同重量の木材を紙の原料であるチップとして利用し、その買取代金に未利用材活用費を加算して森林整備にかかる不足分を補います。

 将来建材として利用するための良質な木材を育てるためには、今、森林の整備をきちんとすることが必要です。


お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境ふれあい課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2848

ファックス番号:054-221-3278

メール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?