• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 静岡森づくり情報 > 企業一覧 > 企業別活動・本田技研

ここから本文です。

更新日:平成24年5月16日

 
本文ここから

 

社会貢献活動(CSR)として参加したい

活動状況

本田技研工業株式会社
http://www.honda.co.jp/philanthropy/forest/m.html(外部サイトへリンク)
天竜川流域の水源を守るための森づくり

協定内容についてはコチラ

22年度までの活動実績

活動回数:5回

参加人数:92人

CO2吸収量:6.32t

認定ラベル:認定ラベル2認定ラベル3

 

本田技研工業株式会社が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度の活動を実施しました

平成22年11月6日(土曜日)、本田技研工業株式会社の社員15名とその家族5名が、浜松市天竜区西藤平の阿多古悠久の森で、森づくり活動を実施しました。

今回は、森に光を入れ良質な木を育てるために、天竜林業研究会の会員から指導を受けながら、参加者1人あたり7~8本の枝打ちを行いました。また、過去に間伐した木材を利用して小川に橋を架けました。

 

本田技研工業株式会社が、平成21年度の「しずおか未来の森サポーター」活動を実施しました

平成21年度第1回活動

平成21年4月14日(土曜日)、本田技研工業株式会社が、阿多古悠久の森(浜松市天竜区西藤平)の7林班で、平成21年度の第1回目の活動を実施しました。

社員と社員OBの21名が参加し、6名の天竜林業研究会会員から指導を受けながら枝打ち等の作業を実施しました。

午後には、天竜林業研究会から炭焼きの話の後、今後の活動のため、間伐材での休憩所づくりと焚き火用の蒔き割りを行いました。作業を行いながら、社員と天竜林業研究会員は、昔の山仕事での苦労話や先人の工夫等を語り合い、交流を深めました。

 

平成21年度第2回活動

平成21年11月7日(土曜日)、第1回目と同じく、阿多古悠久の森(浜松市天竜区西藤平)の7林班で、平成21年度第2回目の活動を実施しました。

社員と社員家族やOBの21名、5名の天竜林業研究会会員が参加し、枝打ち等の作業を実施しました。今回は、今後、活動を計画している伐採作業の班長を養成するため、6名の男性社員が天竜林業研究会の指導を受けながら除伐作業も行いました。

午後は、蒔き割り作業を行ったり、作業場所近くの樹齢約100年のスギの伐採現場を見学し、昼休みには指導者から1センチ四方のスギの角材を削る「マイ箸づくり」の紹介もありました。これから、伐採木を利用した橋やウッドデッキ、ベンチや散策道づくりにも挑戦していく予定です。

本田技研工業株式会社が、「しずおか未来の森サポーター」として第2回目の活動を実施しました

平成20年11月1日(土曜日)、本田技研工業株式会社が、阿多古悠久の森7林班(浜松市天竜区西藤平)で第2回目の活動を実施しました。

「水源の森保全活動」として、天竜川の支流である清流阿多古川の水源を守るために、枝打ち等の森林整備を、6名の天竜林業研究会員の指導で、27名の本田技研工業株式会社の従業員とその家族が行いました。

午前中に15年生のヒノキ林の枝打ちを行い、午後は20年生ヒノキ林で天竜林業研究会による間伐実演、希望者は手鋸による伐採体験をしました。また、メジャーを使って立木密度の計測を行い、人工林における間伐をはじめとした森林整備の必要性を実感しました。来年度も同様の活動を予定しています。

本田技研工業株式会社が、「しずおか未来の森サポーター」として第1回目の活動を実施しました

平成20年5月17日(土曜日)、本田技研工業株式会社が、阿多古悠久の森7林班(浜松市天竜区西藤平)で第1回目の活動を実施しました。

「水源の森保全活動」として、天竜川の支流である清流阿多古川の水源を守るために、枝打ち等の森林整備を、5名の天竜林業研究会員の指導の元、27名の本田技研工業株式会社の従業員とその家族が行いました。

午前中に15年生のヒノキ林の枝打ちを行い、午後は天竜林業研究会による間伐実演、希望者は高所の枝打ち体験をし、最後にヤマザクラとクリの記念植樹を行いました。作業を通じて、従業員と天竜林業研究会という天竜川の上流と下流の交流の場になりました。今後の活動は、11月を予定しています。

 本田技研工業株式会社が、天竜川流域の水源を守るために森づくり活動を始めることになりました

本田技研工業株式会社が、天竜川流域の水源を守るために、阿多古悠久の森にて森づくり活動を始めることになりました。平成20年2月29日(金曜日)に協定が締結されました。

2回程度、間伐、枝打ち、下草刈り等の森林保全活動を、従業員・OBとその家族のボランティアによって、活動を展開していく予定です。創業地である浜松市天竜区にて、本田技研工業株式会社の新たな社会貢献活動が始まります。

《協定概要》
【活動場所】阿多古悠久の森7林班(浜松市天竜区西藤平)
【対象面積】5.84ha
【目的】健全な樹木の育成環境を整備することで、良好な自然環境維持に寄与し、天竜川流域の水源を守る
【活動内容】対象森林の整備
【協定期間】3年間(平成20年度~平成22年度)

【役割】
本田技研工業株式会社:森林整備活動の実施
静岡県:活動場所の確保、情報発信、認定書の発行

 

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境ふれあい課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2848

ファックス番号:054-221-3278

メール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?