• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 環境局 > 静岡森づくり情報 > 企業一覧 > 企業別活動・NTN磐田

ここから本文です。

更新日:平成24年5月16日

静岡県:活動の承認、情報発信、認定書の発行

本文ここから

 

社会貢献活動(CSR)として参加したい

活動状況

NTN株式会社磐田製作所
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)
人と森林が共生する、ふれあいの森林づくり

協定内容についてはコチラ

22年度までの活動実績

活動回数:00回

参加人数:956人

CO2吸収量:35.54t

認定ラベル:認定ラベル1認定ラベル2

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第6回目の活動を実施しました

平成23年11月12日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員82名とその家族35名、社員OB1名の合計118名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。

今回は共済会との共同活動となり、家族にも参加し易いイベントを盛込んだ活動を計画しました。社員家族も多数参加しましたので、刈払機を使用した作業は避け、鎌を使って樹木についたツルの除去や下草刈りを行いました。また、「ツツジ」の植樹も実施しました。その間、子供達は木工クラフトキットの組立てを行いました。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第5回目の活動を実施しました

平成23年9月15日(木曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員41名と社員OB1名の合計42名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。

9月に入っても高温多湿は変わらず、今回も熱中症対策を講じての作業となりました。まだ気温が高いため雑草も勢いよく成長しており、参加者は一生懸命に作業を実施しました。

広場内では「10月桜」が開花し始め、暑い中にも秋の風情も見ることができる様になりました。

 

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第4回目の活動を実施しました

平成23年8月5日(金曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員34名と社員OB1名の合計35名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。翌日に開催される袋井花火大会を地元の方々がここから快適にみることができるよう、草刈りを中心に行いました。

作業中にも通り雨が数回降りましたが、参加者は文句一つ言わず一生懸命に作業をしていたため、中止せずに実施しました。熱中症も心配していましたが、当日は気温があまり上がらなかったため、水分補給や冷却などの対策もあまり必要ではありませんでした。今後の暑い時期も十分配慮して作業をしていきます。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第3回目の活動を実施しました

平成23年7月1日(金曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員37名とOB1名の合計38名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。

今回は、広場内の草刈り、樹木の剪定・片づけを行いました。晴天で30度越える気温の中での活動だったため、熱中症にならないよう作業時間を通常の半分にし、休憩を多く取るローテンションに変更して、参加者の様子を監視しながら作業しました。

今年は突然気温が高くなったため、今後も参加者の体調を考慮し、水分補給等の対策をしっかりして作業を進めたいと思います。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第2回目の活動を実施しました

平成23年5月21日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員35名とその家族1名の合計36名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。晴天で30度近い気温の中で参加者全員が汗をかきながら作業をしました。

今回は、広場内の草刈り、樹木の剪定・片づけを行いました。まだ雑草の成長が遅いため、下刈りはスムーズにできましたが、気温が上昇する中でも頑張って作業していました。

今後は更に暑くなり、また雑草の成長は加速するので、怪我の発生を防ぐ様な計画を立てて活動します。

企業活動・NTN磐田5-3

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、平成23年度第1回目の活動を実施しました

平成23年4月16日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員51名とその家族9名の合計60名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。参加者全員が気持ちの良い汗をかきながら、広場内の草刈り、散策路設置、巣箱製作・設置を行いました。

昨年の同時期に比べ気温が低く、雑草の成長が遅かったため作業が楽にできました。また残っていた桜の景色も楽しむことができました。

今後の活動は、草刈りと散策路の整備及び傾斜部の階段設置に重点を置いて計画していきます。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、平成22年度第8回目の活動を実施しました

平成23年2月19日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員31名とその家族6名の合計37名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で森づくり活動を実施しました。広場内の地表面に点在する石の除去作業を中心に、前回実施出来なかった巣箱の設置作業や、以前に設置した間伐材を使用したベンチ等の修繕,散策路の継続的な整備を行いました。

初夏から初秋に掛けては下草刈りが中心となり、石の除去作業まで手が届きませんでしたが、点在する石を目立たない程に除去して、草の刈払機の回転刃による石の飛散の心配要因を減らす事が出来ました。また、これまでの活動で設置したベンチが老朽化してきたため、撤去したり防腐剤を塗るなどのメンテナンスも行いました。

昨年広場周辺に設置した巣箱にはあまり野鳥が入った形跡が無いため、今年は静かな場所を選定して、高いところに親子が脚立を使いながら16個の巣箱を設置しました。多くの野鳥の飛来を期待しています。

来年度は、例年通り4月中頃から8回/年の活動を予定しています。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第7回目の活動を実施しました

平成22年11月13日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員98名とその家族23名、社外6名の合計127名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、年1回の大きなイベントとして共済会と合同で「企業の森」活動を実施しました。草取りや新たな植樹作業、新規の散策路の整備、親子による野鳥用の巣箱製作を行いました。

今回は参加者が多数なため、刈払機は使用せず「鎌」を使用した手作業を主体に実施し、広場の細かな部分まで綺麗に整備できました。野鳥用の巣箱は、親子12組の子供1人に1個の割合で製作をしましたが、余った材で製作したいとの要望が上がるほど好評でした。今年は、特別に中国の上海から17名の研修生も参加しました。山が少ない地域から来たため森林が生茂っている事に興味津々で、高台に登ったり、散策路を歩き回ったりして、楽しみながら「企業の森」活動作業を行っていました。

今後は、来年2月頃に間伐材を利用した新規のベンチ設置や、これまでの活動で作成したベンチ等のメンテナンスを計画しています。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第6回目の活動を実施しました

平成22年10月23日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員29名とその家族2名、社員OB1名の合計32名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、草刈機を使用して広場内の草刈り作業を実施しました。

次回11月には共済会の主催の「企業の森」で、子供たちや草刈等の作業未経験者が多く参加する活動があり、その際に刈払機をなるべく使わなくても良いように、今回は準備として広場内の草刈り作業を集中的に行いました。やっと気温が下がり、心地良い風が吹く中で作業が出来ました。次回は、家族を中心とした巣箱の製作設置、散策路の周回、間伐材を利用したベンチ製作等のイベント的な活動を中心に計画しています。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第5回目の活動を実施しました

平成22年9月11日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員34名とその家族2名、合計36名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、草刈機を使用して広場内の草刈り作業を実施しました。

今回の活動は、短時間での作業を目標に草刈り作業のみに集約して、広場の整備を実施しました。9月に入っても気温が下がらず、熱中症を心配しながらの作業となりましたが、作業間隔を短くし、長めの休息と水分補給を多くして対応したため、問題なく作業を進めることが出来ました。

次回以降、気温が下がってから本格的に森林部散策路の整備、階段設置作業及びトンボ用の池の設置を実施していく予定です。この暑さの中、十月桜の木々に淡い桃色の花がちらほら咲き始めています。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第4回目の活動を実施しました

平成22年8月7日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員32名とその家族3名、合計35名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、草刈機を使用して広場内の草刈り作業を実施しました。

今回の活動は、当日の夜に開催される「袋井の花火」に合せて広場内の草刈り作業を中心に実施しました。また、森林部散策路の階段設置作業及びトンボ用の池の設置も、少しずつ実施しています。この時期は、高温多湿の中の作業のため熱中症にならないよう、作業間隔を短くし、水分補給を多くして対応しました。この広場は高台から南側への眺めが良いため、花火観賞に地元の方々を中心に多くの方が来場されるのが恒例となっています。

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第3回目の活動を実施しました

平成22年7月3日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員42名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、草刈機を使用して広場内の草刈り作業を実施しました。

前回に引き続き、広場内の草刈り作業と、間伐材を利用した森林部散策路の傾斜部の階段設置作業を実施しました。今の時期は雑草の延びが早く、1ヶ月で植樹した木々と区別が付かない程に成長する為、草刈りが主要な作業となります。当日は曇りの予報でしたが、途中からスコールのような雨が降り続き、安全のため作業は中止しました。8割程度の作業は実施できました。

企業活動・NTN磐田12-2

NTN株式会社磐田製作所が「しずおか未来の森サポーター」として、今年度第2回目の活動を実施しました

平成22年5月29日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員36名とその家族5名、合計41名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、草刈機を使用して広場内の草刈り作業を実施しました。

今回は、途中で雨が降ったため作業時間を短縮して実施しました。また、磐田市から寄贈された間伐材を利用し、森林部散策路に階段を設置する準備として、まずは杭打ち作業を行いました。パトロール員の方からは、最近過ごしやすい日々が続いていたので来場者が増えているとの報告があり、当日の作業時も、広場周辺で待機している方が見受けられました。

今の時期は雑草の延びが早く、活動のほとんどが草刈りとなってしまっているため、今後は参加者を飽きさせない様に色々な作業を組み込んでいきたいと思います。

「しずおか未来の森サポーター」のNTN株式会社磐田製作所が、平成22年度第1回目の活動を実施しました

平成22年4月24日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所の社員31名とその家族3名、合計34名が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、草刈機を使用して広場内の草刈り作業を実施しました。

今回は、ゴールデーンウィークを翌週に控えていたので、広場への来訪者が多くなると予想して、念を入れて作業を実施しました。一時的に「あられ」が降ることもありましたが、その後は晴天となり参加者全員が気持ちの良い汗をかきながら、広場内の草刈りを行いました。

今後は、前年度末に磐田市から寄贈された間伐材(加工済320本)を、森林部にある散策路の階段設置に活用するよう計画しています。

NTN株式会社磐田製作所が、平成21年度「しずおか未来の森サポーター」第6回目の活動を実施しました

平成21年11月21日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、平成21年度の第6回目となるサポーター活動を実施しました。今回は、NTN共済会との合同行事として、112名(社員93名、家族14名、指導業者5名)が広場内の草刈や植樹作業、散策路への丸太階段の設置、野鳥の巣箱製作と設置を行いました。天候に恵まれ参加者は気持ちのよい汗をかきながら作業をしました。NTN株式会社磐田製作所では、今回の巣箱製作のような社員家族が楽しく参加できる企画をこれからも実施する予定です。

「NTN株式会社のホームページ(CSRレポート)」はこちら【国内事業所の取組
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)

 

NTN株式会社磐田製作所が、平成21年度「しずおか未来の森サポーター」第5回目の活動を実施しました

平成21年9月26日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、平成21年度の第5回目となるサポーター活動を実施しました。

今回、28名の社員と4名の社員家族、1名の社員OBが参加し、広場内の草刈作業を実施しました。11月には社員家族や地域も含めた巣箱作りや設置、散策路の階段作りなどのイベントを行う予定です。多数の子供の参加が予想されるため、当日の作業がしやすいように準備も含めて、28台の刈払機を使い、隅々まで草刈を実施しました。

「NTN株式会社のホームページ(CSRレポート)」はこちら【国内事業所の取組】
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)

NTN株式会社磐田製作所が、平成21年度「しずおか未来の森サポーター」第4回目の活動を実施しました

平成21年8月22日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、平成21年度の第4回目となるサポーター活動を実施しました。

今回、34名の社員と1名の社員家族、1名の社員OBが参加し、広場内の草刈作業を実施しました。7月4日に行った前回の活動以降、植栽した樹木を隠す勢いで雑草が生い茂っていたため、植栽木のまわりと広場内通路を中心に作業をしました。

「NTN株式会社のホームページ(CSRレポート)」はこちら【国内事業所の取組】
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)

NTN株式会社磐田製作所が、平成21年度「しずおか未来の森サポーター」第3回目の活動を実施しました

平成21年7月4日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、平成21年度の第3回目となるサポーター活動を実施しました。

今回、43名の社員と3名の社員家族が参加し、広場内の草刈作業を実施しました。前々日の雨で通路部にぬかるみができていましたが、広場部では18台の刈払機を使い、樹木下等は丁寧に草刈鎌で安全に配慮しながら作業をしました。

「NTN株式会社のホームページ(CSRレポート)」はこちら【国内事業所の取組】
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)

NTN株式会社磐田製作所が、平成21年度「しずおか未来の森サポーター」第2回目の活動を実施しました

平成21年5月23日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、平成21年度の第2回目となるサポーター活動を実施しました。

44名の社員と2名の社員家族が参加し、広場部の草刈や、森部の散策路を整備しました。

広場部では、18台の刈払機を使用して園路を整備し、林部では散策路の来訪者が散策しやすいように枯れ枝の除去を行ったり、森部では全長約1キロメートルに渡って散策路を整備しました。

「NTN株式会社のホームページ(CSRレポート)」はこちら【国内事業所の取組】
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)

NTN株式会社磐田製作所が、平成21年度「しずおか未来の森サポーター」第1回目の活動を実施しました

平成21年4月11日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地の敷地外四ヶ字財産区有林で、平成21年度では1回目、平成20年度から第6回目となるサポーター活動を実施しました。

40名の社員と7名の社員家族が参加し、広場部にリサイクルブロックを敷設して園路整備をしたり、森部の散策路を整備しました。また、社員で丸太ベンチを完成させました。

NTN株式会社磐田製作所は、地元の方や来訪者が快適に散策や自然観察ができ、人と森林が共生する、ふれあいの森林づくりを目指して活動中です。

「NTN株式会社のホームページ(CSRレポート)」はこちら【国内事業所の取組】
http://www.ntn.co.jp/japan/ecology/index.html(外部サイトへリンク)

NTN株式会社磐田製作所が、「しずおか未来の森サポーター」として第5回目の活動を実施しました

平成21年2月7日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地外四ヶ字財産区有林で第5回目の活動を実施しました。

50名の社員と4名の社員家族が自然ふれあい広場(広場部)(1.4ha)でナギや高木のカエデの植樹(50本)や遊具用の間伐材の皮むき、遊具の設置、林部の桜の枝の剪定やつる切り(0.8ha)を行いました。

また財産区有林内(森部)では、ビオトープ候補地の選定や散策路のルート設定を行いました。

NTN株式会社磐田製作所が、「しずおか未来の森サポーター」として第4回目の活動を実施しました

平成20年11月1日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地外四ヶ字財産区有林で第4回目の活動を実施しました。

52名の社員が自然ふれあい広場(広場部)の草刈(1.4ha)や間伐材を使用した花壇の整備や林部の草刈とつる切り(0.8ha)を行いました。

また財産区有林内(森部)の散策路の野鳥の森看板を新たに更新しました。

NTN株式会社磐田製作所が、広場部の下草刈と森部の散策路作りを実施しました

平成20年9月13日(土曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地外四ヶ字財産区有林で今年度第3回目となる、しずおか未来の森サポーター活動を実施しました。

37名の社員(社員家族2名含む)が従来からの自然ふれあい広場(広場部)の下草刈(1.4ha)と新たに植栽した箇所の下草刈(0.8ha)及び伐採木の片付けと、財産区有林内(森部)の散策ルートの開設(延長50m)を行いました。

伐採木の片付けは2トントラックで10杯分の量になりました。また、広場部では、10月桜が開花し始めたようです。付近にお住まいの方や遠方の方もお近くに来た折には、ぜひ、下草刈をしてきれいになった自然ふれあい広場に足を運んでみてください。

NTN株式会社磐田製作所が、「しずおか未来の森サポーター」として第1回目の活動を実施しました。

平成20年8月7日(木曜日)、NTN株式会社磐田製作所が、磐田市敷地外四ヶ字財産区有林で第1回目の活動を実施しました。

30名の社員が自然ふれあい広場(広場部)の草刈や伐採木の片付けと、財産区有林内(森部)の散策ルートの開設(延長20m)を行いました(1.4ha)。

この日は、20名の新入社員も社内研修として参加し、森林の大切さを学ぶ活動となりました。

また、平成20年7月5日には、11日の協定締結式に先立ち、37名の社員と2名の社員家族による自然ふれあい広場部の草刈と間伐材を使ったベンチ製作、高木の枝払い(業者委託)及び記念植樹(ヤマモミジやヤナギ等29本)を行いました(1.5ha)。

 NTN株式会社磐田製作所が磐田市敷地外四ヶ字財産区所有地で地域の方と社員の協働による森づくり活動を行います

NTN株式会社磐田製作所が磐田市敷地外四ヶ字財産区有林で下刈や広葉樹植栽、野鳥の森看板の設置等の森づくり活動を行うことになりました。平成20年7月11日(金曜日)にNTN株式会社磐田製作所、磐田市敷地外四ヶ字財産区、静岡県との協定が締結されました。

NTN株式会社は、2003年から「自然ふれあい広場」(磐田市敷地地内)でツツジの植栽や間伐材を使用したベンチ製作等の活動を行ってきました。今後、「自然ふれあい広場」周辺の財産区有林内においても地域の方々との協働で森づくり活動を実施する予定です。


《協定概要》
【活動場所】磐田市敷地周辺の敷地外四ヶ字財産区所有林
【対象面積】15ha
【目的】敷地外四ヶ字財産区有林を保健休養機能を高めながら快適に散策や自然観察ができ、人と森林が共生するふれあいの森林へ導く
【活動内容】広葉樹植栽、下草刈、野鳥の森看板更新、間伐材使用ベンチ作成等
【協定期間】平成25年3月まで(5年間)

【役割】
NTN株式会社磐田製作所:広葉樹植栽、下刈、間伐材ベンチ作成等

磐田市敷地外四ヶ字財産区:活動場所の提供

静岡県:活動の承認、情報発信、認定書の発行

 

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境ふれあい課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2848

ファックス番号:054-221-3278

メール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?