• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 監査委員事務局 > 平成17年度決算審査及び基金運用状況審査(平成18年度実施)

ここから本文です。

更新日:平成23年1月11日

平成17年度決算審査及び基金運用状況審査(平成18年度実施)

普通会計(一般会計及び特別会計)決算審査及び基金運用状況審査意見書の概要

地方自治法第233条第2項の規定に基づき審査に付された平成17年度静岡県一般会計及び特別会計の歳入歳出決算並びに同法第241条第5項の規定に基づき審査に付された平成17年度定額の資金を運用するための基金の運用状況について審査したので、その結果について、平成18年9月11日に知事へ意見書を提出しました。

普通会計(一般会計及び特別会計)

1.審査の対象

平成17年度静岡県一般会計及び14特別会計

2.審査の実施時期

平成18年7月25日から平成18年8月30日まで

3.審査の方針

平成17年度静岡県一般会計及び特別会計の歳入歳出決算の審査は、次の点を重点に関係諸帳票、証拠書類の照査、関係当局から聴取等を行うとともに、定期監査、例月出納検査等の結果も考慮し、慎重に実施した。

(1)決算計数は、正確であったか
(2)予算の執行は、議決の趣旨に沿って適正かつ効率的になされていたか
(3)会計事務は、関係法規に適合して処理されていたか
(4)財政は、健全に運営されていたか
(5)財産の取得、管理及び処分は、適正に処理されていたか

4.審査の結果

平成17年度一般会計及び特別会計の歳入歳出決算の計数については、決算書、同附属書類、関係諸帳票、指定金融機関の現金有高表等を照合審査した結果、正確であることを確認した。
また、予算の執行、財政運営、会計及び財産に関する事務については、一部改善を要する事項も見受けられたが、おおむね適正に行われているものと認める。

5.審査の意見

(1)財政状況
  • 本県の財政は、歳入の根幹である県税収入が前年度を上回ったが、国庫支出金の減少、起債の抑制などにより引き続き財政規模の縮小を余儀なくされ、財政構造を示す指標に回復傾向がみられるものの依然として財政の弾力性の確保が課題となっている。
    このため、今後の財政運営に当たっては、地方分権の推進や国の税源移譲などの動向を視野に入れながら、財政健全化を着実に推進するとともに、限られた財源を有効に活用し、県民の多様なニーズに応え、投資効果を最大限に発揮するよう努められたい。
(2)予算の執行状況
  • 収入未済
    収入未済額の状況は、全体では前年度と比較して減少しており、改善の成果が見られる。しかし、個人県民税や自動車税などは依然として多額な収入未済額があることから、積極的に滞納処分等を実施するなど、引き続き収入率の向上に努められたい。
  • 事業繰越
    翌年度への繰越の状況は、前年度に比べて減少している。
    繰越理由の主なものは、地元調整や用地交渉等に日数を要したことによるものであるが、事業効果を早期に発揮できるよう計画的・効率的な予算の執行管理に努められたい。
  • 不用額
    歳出予算における不用額は、前年度に比べて減少している。
    引き続き、事業の実態に応じた適正な予算措置に努められたい。
  • 財務会計事務
    不適正な事務処理については、定期監査等においてその都度、注意を喚起してきたところであるが、担当職員の事務処理能力の向上を図るとともに、組織としてのチェック体制の強化など再発防止のための改善措置を講じられたい。
    また、土木事務所において、工事請負費に係る部分払いに不適切なケースがあったことは公費の適正な執行の観点から誠に遺憾であり、財務会計事務が適正に執行されるよう努められたい。
(3)財産管理等
  • 公有財産及び物品の管理処分について、財産台帳等への登載や物品の現物確認など基本的な事務処理を誤っているものが見られるので、公有財産及び物品が適正に管理されるよう徹底されたい。

 

基金運用状況

1.審査の対象

静岡県土地開発基金及び静岡県立美術博物館建設基金

2.審査の実施時期

平成18年7月25日から平成18年8月30日まで

3.審査の方針

静岡県土地開発基金条例及び静岡県美術博物館建設基金条例の趣旨に従って適正に運用・管理されているか、基金台帳、関係帳簿及び証拠書類等を調査照合し、慎重に審査を行った。

4.審査の結果及び意見

審査の結果、基金は適正に運用されており、計数に誤りはなかった。

 

静岡県公営企業決算審査意見書の概要

地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき審査に付された平成17年度静岡県公営企業の決算を審査したので、その結果について、平成18年9月11日に知事へ意見書を提出しました。

1.審査の対象

平成17年度静岡県立病院事業
平成17年度静岡県工業用水道事業
平成17年度静岡県水道事業
平成17年度静岡県地域振興整備事業
平成17年度静岡県立静岡がんセンター事業

2.審査の実施時期

平成18年7月25日から平成18年8月30日まで

3.審査の方針

平成17年度静岡県公営企業の決算審査は、次の点に重点を置き、関係諸帳票及びその他証拠書類の照査、関係当局からの説明の聴取等を行うとともに、定期監査及び例月出納検査等の結果も考慮し慎重に実施した。

(1)決算報告書及び財務諸表は、地方公営企業法等関係法令に準拠して作成されているか
(2)決算報告書及び財務諸表は、経営成績及び財務状態を適正に表示しているか
(3)各事業は、地方公営企業法第3条の経営の基本原則の趣旨に従って運営されたか

4.審査の結果

病院事業ほか4事業の決算報告書及び財務諸表は、いずれも地方公営企業法等関係法令に準拠して作成され、平成18年3月31日現在の財政状態及びその日をもって終了する事業年度の経営成績を適正に表示しているものと認める。
また、一部に厳しい経営状況の事業や不適切な対処事案もあるが、各事業は、地方公営企業の基本原則の趣旨に従い、おおむね適正に運営されていたものと認める。

5.審査の意見

(1)病院事業
  • 循環器疾患や周産期医療などに対応した設備整備に伴い、今後、人件費や経費の増加が見込まれることから、患者本位の運営を心掛けながら、より効率的な病院経営に努められたい。
  • 過年度未収金が増加しているので、早期処理を図るとともに、新たな収入未済の発生防止に一層努められたい。
(2)工業用水道事業
  • 累積欠損金が生じている工業用水道については、需要開拓に努めるとともに経費削減の徹底を図るなど、累積欠損金の計画的な解消になお一層努められたい。
  • 東海地震の耐震補強を急ぐとともに老朽化施設の改築等を計画的かつ効率的に実施し、良質な工業用水の安定供給体制の確保に努められたい。
(3)水道事業
  • 新規水源関連事業、老朽化施設の維持更新、耐震補強工事に要する費用の増加が見込まれることから、より一層の効率的な経営に努められたい。
  • 老朽化施設の改築等を計画的かつ効率的に実施し、安心、安全な水道水の安定供給体制の確保に努められたい。
  • 遠州水道整備事業に係る事業説明や水質検査結果などについて、地域住民へのきめ細やかな情報発信に努められたい。
(4)地域振興整備事業
  • 住宅団地・工業団地については引き続き完売に向けて早期分譲に努めるとともに、長期保有している未着工の事業用地についても早期に適切な措置を講じられたい。
  • 森天宮住宅団地事業用地は、住宅団地の造成未着工のまま平成18年3月に640万円で森町に売却され、地域振興整備事業会計に6億2,955万円余の損失を計上している。
    当該事業用地は、平成3年に事前に土地の状況や開発の可能性を十分に精査することなく取得され、その後地形や地質等から採算性の確保が困難なことが明らかとなり、平成5年12月に事業凍結されていた。
    このような経過で地域振興整備事業会計に多額な損失をもたらした事業執行は、地方公営企業法にいう経営の基本原則に悖り極めて遺憾である。
(5)静岡がんセンター事業
  • 増床計画等に対応した医療スタッフの確保に努めるとともに、地域医療機関との連携を密にして患者の受入に努め、効率的な運営で事業会計の向上を図られたい。
  • 過年度未収金が増加しているので、早期処理を図るとともに、新たな収入未済の発生防止に一層努められたい。
  • 平成17年度に開所した静岡がんセンター研究所は、ファルマバレー構想の中核施設として、がん医療水準の向上や県内の健康・医療産業の活性化などに寄与することが期待されている。
    研究所の果たす役割や影響力の大きさを十分認識し、研究成果を医療機関等に積極的に情報発信されたい。

 


お問い合わせ

監査委員事務局監査課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2927

ファックス番号:054-221-3566

メール:kansaka@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?