• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > くらし・環境部長トーク「家・庭一体の住まいづくりまちづくり」

ここから本文です。

更新日:平成26年10月22日

具体化が進む家・庭一体の住まいづくり・まちづくり

静岡市「池田の森」知事が就任直後から、打ち出していた「家・庭一体の住まいづくり」。

300坪という敷地の広さ、また当時はあまり耳慣れない定期借地権といった言葉が先行してか、非現実的、或いは県がどうして個人の財産形成に積極的に関与しなければならないのか、などなど様々な意見が出されたように記憶しています。

しかし、その一方で、まちづくりや都市計画の専門家などからは、300坪はともかく、家と庭が一体となった住まいづくりという考え方は素晴らしいとの意見が多く出されたところです。

何より、和風建築の泰斗中村昌生先生の唱える庭園と建物が一緒になった和の空間の創出を目指す「庭屋一如」の哲学そのもの。

 

「家・庭一体の住まいづくり・まちづくり」とは、「自然との触れ合い」、「家族との団らん」、「地域とのつながり」などを大切にした生活スタイルによる「快適な暮らし空間の実現」を目指すもので、生活する空間である家(住宅)だけではなく庭も、そして場合によっては、近隣住民が共同で利用できる行き止まりの道路や共同菜園などのコモンスペース(共用空間)も含めた全体を「暮らし空間」として位置づけ、これらを一体として整備することで暮らし空間の倍増を目指すものです。

県では、この「家・庭一体の住まいづくり・まちづくり」の考え方を広め、この考え方に基づく住まいづくり・まちづくりを県内で広めるため「家・庭一体の住まいづくり推進協議会」を平成23年に設立し、普及に努めてきました。

 

実は、「家・庭一体」という言葉は使わなくても、こうした家・庭・コモンスペースが一体となった豊かな住環境の整備自体は、例えば神戸市の一区画が200坪を超える緑豊かな戸建分譲地「ガーデンシティ舞多聞みついけプロジェクト」、或いは、敷地の専有部分は35~40坪と小さいが共用の庭をシェアする「ビレッジガルテン小野原西(大阪府箕面市)」など全国には何か所かで既に実現しています。

また、本県でも静岡市の「池田の森」や島田市の「百花の郷・東大津」などがあります。

 

戦後、1950年代、「とにかく住まいを」という国民の要求を満たすために「早く安く建てる」という思想で始まった公団住宅の建設。ウサギ小屋と揶揄された東京圏などの戸建住宅の群れ。

当時はやむをえなかったとしても、それが現在の日本の普通の姿になってしまった。この生活の55年体制を打破するのが「家・庭一体の住まいづくり・まちづくり」であり、それができるのが、このふじのくに・静岡県だと知事は力説します。

 

この「家・庭一体の住まいづくり・まちづくり」はこれまで、いささか理念先行気味であったのですが、ここに来て、様々なプロジェクトの具体化が進んできました。

先行しているのは、島田市の大河原建設が進める「島田市旭一丁目プロジェクト」です。産官学共同事業として、明海大学の齊藤教授やアーバンセクション代表(法政大学講師)の二瓶先生の助力を得て、県とも共同して進めるものです。事業の名称を公募したところ、県内外から多数の応募があったとのことで、関心の高さも伺えます。

また、小山町の遊休町有地を活用した宅地分譲も具体化が進んでいます。小山町は非常に熱心で他の地区でも可能性を模索しています。

また、三島市大場においては、国の優良田園住宅制度を活用した住宅開発が計画されていますが、これも家・庭一体の住まいづくり・まちづくりの考え方を取り入れたものになる予定です。

内陸フロンティア推進区域にも指定され事業の具体化が待たれるところです。さらに「池田の森」をプロデュースされた漆畑さんが中心になって沼津市愛鷹山麓でも住宅を含めた複合的な地域づくりが進められています。

 

人口の社会減が大きな問題となっている本県。

家・庭一体のまちづくり・住まいづくりが広がれば、静岡でこそ、実現できる豊かな住生活とライフスタイル、といった評判が高まり、ひいては県外からの人口流入も期待できます。

私たちとしては、民間の動きを加速化させ、住んでよしの静岡県づくりの実現に積極的に取り組んでまいります。

神戸市「ガーデンシティ舞多聞みいつけプロジェクト」

 

お問い合わせ

くらし・環境部建築住宅局住まいづくり課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3081

ファックス番号:054-221-3083

メール:sumai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?