• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > ふじのくに食べきりやったね チャレンジ 表彰式

ここから本文です。

更新日:平成29年12月27日

ふじのくに食べきりやったね!チャレンジ彰式

12月16日に食品ロスを削減する取組の表彰式が「ふじのくに消費者教育推進フォーラム」の中で行われました。

この企画は、食品ロスを削減する取組のひとつとして今年からはじめたものです。「買いすぎない」、「使いきる」、「食べきる」、「資源の循環」の4つ視点で、県内の小学生の皆さんに夏休みに実践している実例を募集しました。その結果1,563名の方から応募いただきました。

この応募者の中から9名の小学生の皆さんに各賞が授与されました。おめでとうございます。

使いきり賞

使いきり賞

使いきり賞1 使いきり賞2

食べきり賞

資源循環賞

食べきり賞 資源循環賞

しずてつストア賞

鈴与グループ賞

しずてつストア賞 鈴与グループ賞

ストップ!温暖化賞

受賞者のみなさん(表彰式当日)

ストップ!温暖化賞 受賞者集合写真

 

(表彰式当日、くらし・環境部長賞、買い物上手賞の受賞者は残念ながら欠席でした。)

この中で印象的だったのは、くらし・環境部長賞を受賞された近藤さんのお宅です。おばあちゃんが「ごはんつぶを残さないように」と言っておられると。私もこのおばあちゃんとほぼ同じ世代です。このことは、食べ物を大事にするという戒めとして、昔から私の記憶の中にも残っています。

 

日本では年間に620万トンの食品ロスが生まれていると言われています。この量は、私たち国民一人ひとりが「おにぎりを1個」、毎日捨てていることと同じだといわれています。

子どもの頃から、ごみの問題をしっかり理解し、削減を実践していただければ、持続可能で快適な社会が生まれると思います。私は表彰式のコメントの中で「この受賞をひとつの機会にご自身でも続けていただき、お友達にいっしょにやろうと声をかけてください。」とお願いしました。

最後になりますが、この企画に御賛同され、企業賞を提供いただきました、株式会社静鉄ストア様、鈴与ホールディング株式会社様、静岡県地球温暖化防止活動推進センター様の3企業・団体の皆様に心から御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

【受賞された皆さんのアイデア】県庁東館2階の県民サービスセンターでも展示しています。

受賞者一覧

「食べきりやったね!チャレンジ」について、詳しいことはこちら→静岡県廃棄物リサイクル課

「食べきりやったね!キャンペーン」も実施中!詳しいことはこちら→じのくに食べきりやったね!キャンペーン特設サイト(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

くらし・環境部管理局政策監(移住・定住担当)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3318

ファックス番号:054-221-3559

メール:kurakan_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?