• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > 10月は「3R推進月間」です!

ここから本文です。

更新日:平成30年10月12日

10月は「3R推進月間」です!

さんは、「3R」(スリーアール)の意味は十分ご承知のことと思います。

 

3Rとは、ごみを減らすためのReduce(リデュース・ごみをなるべく発生させない)、Reuse(リユース・繰り返し使う)、Recycle(リサイクル・原料として再生して利用する)の頭文字の3つのRです。

 

では、限りある資源と安全に暮らせる環境を次世代に引き継ぐため、ごみの発生や資源の消費をできるだけ抑え、再生可能な資源を有効に活用する「循環型社会」の実現を目指しています。このため、ごみの分別や食品ロスの削減などを県民に呼びかけております。

 

日、アピタ富士吉原店で、冷蔵庫収納家の福田かずみ先生のトークショーを開催し、食品ロスを出さないようにする冷蔵庫の整理術を教えていただきました。

生のお話の中で、「今日使う豆腐なら、店頭にある中で一番消費期限の短いものを選び、少しでも廃棄される食品を減らすことが必要です。」との御意見がありました。なるほど、買い物をする時に、すぐに食べるものは期限の短いものから選ぶことにより、売れ残りにならず、食品ロスをなくすことができるなと納得したところです。

 

みをなるべく発生させないためには、「ごみになるものを買わない、もらわない」、「長く使えるものを選ぶ」、「マイバッグやマイボトルを利用する」など色々あります。ごみを減らすために、「今日使うものは、長い消費期限でなくてもかまわない」という考えを加えていただけますでしょうか。(多くの場合で、値引きされてますよ(^0^))

 

taik風景 福田かずみ先生とふじっぴ

<写真:平成30年9月29日(土曜日)ピタ富士吉原店にて>

お問い合わせ

くらし・環境部環境局廃棄物リサイクル課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2426

ファックス番号:054-221-3553

メール:hai@pref.shizuoka.lg.jp

くらし・環境部管理局政策監(移住・定住担当)(コンテンツ管理者)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3318

ファックス番号:054-221-3559

メール:kurakan_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?