• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > 「遊木の森」で『しずおか未来の森サポーターの新しい森づくりが始まりました!

ここから本文です。

更新日:令和元年11月11日

「遊木の森」で『しずおか未来の森サポーター』の新しい森づくりが始まりました!

しずおか未来の森サポーター協定締結令和元年10月26日土曜日に、しずおか里山体験学習施設「遊木(ゆうき)の森」で、静岡トヨペット株式会社様、認定NPO法人しずおか環境教育研究会(エコエデュ)様と静岡県の3者で「しずおか未来の森サポーター」協定を締結しました。
「しずおか未来の森サポーター」制度とは、企業・団体の皆様が、森林を守り、育て、活かす活動を行い、それを県が支援するものです。
同社には、これまでも県内の森づくり団体への御支援をいただいておりました。この度、更なる取組として「遊木の森」での高齢化したコナラ林再生の活動を、エコエデュの専門的なサポートのもと、始めていただくことになりました。
私たち、くらし・環境部では、自然とふれあい、環境について学ぶ機会を増やすことなどにより、持続可能な社会の形成を目指しています。
持続可能な社会とは、人の生活による生態系への影響や、資源利用による環境への負荷を少なくしながらも、発展し続けている社会のことです。

里山などの身近な森は、多様な生物が共存する生態系を支えていること、木材という再生産可能な資源を供給してくれていることなどから、「持続可能な社会づくり」に向けて、多くの事を体験しながら学ぶことができる場です。
協定日の当日は、小学校3年生から6年生の子どもたちが、草や木の種類を調べたり、虫を探したり、自然を満喫する「もりのがっこう」の開校日でもあり、森の中で、楽しそうにはしゃいでいました。
「もりのがっこう」は、伐採したコナラを薪にして料理をしたり、板にして工作に利用するなど、森を守り、育て、活かすことをまるごと体験できる内容となっているとのことです。
「遊木の森」は日中はいつでもオープンしています。園内マップを手に自由に森を探検するほか、多彩な森林環境教育プログラムで学ぶこともできます。皆さんもぜひ一度遊びに来てくださいね。栗は両手いっぱいまで持ち帰れますよ。森の動物や他のお友達の分を残してあげてくださいね。
しずおか未来の森サポーター集合写真

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境ふれあい課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2848

ファックス番号:054-221-3278

メール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?