• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > シリーズ「数字から見る『くらし・環境部』」vol.05~毎年約28,000人が「森づくり県民大作戦」に参加しています~

ここから本文です。

更新日:令和元年11月25日

シリーズ「数字から見る『くらし・環境部』」vol.05~毎年約28,000人が「森づくり県民大作戦に参加しています~

「数字から見る『くらし・環境部』シリーズ第5弾は、「森づくり県民大作戦参加者数」です。
県民の皆様が、気軽に森とふれあい、森の大切さや森づくりに対する理解を深めていただけるよう、木工教室や森林散策など、植栽、下草刈り、間伐などの森林整備だけでなく、様々なイベントを「森づくり県民大作戦」として、県、市町、森づくり団体が連携して、県内各地で平成12年度から開催しています。
森づくり県民大作戦 参加者数などの推移

平成30年度の森づくり県民大作戦の参加者数は28,271人で、平成12年度の6,390人に比べると4倍以上に増えています。
県内各地の森づくり団体の熱心な活動により、参加者数は近年28,000人前後を維持しています。一方で、若い人や、新しいメンバーが思うように増えないことが課題となっている団体もあり、イベントを主催している森づくり団体の数は、平成26年度の240団体をピークに、平成30年度は185団体に減少しています。

さて、この「28,000人」とはどの位か、イメージしていただけるでしょうか。
平成30年中に県内で生まれた赤ちゃんは25,192人でした。今年話題となった2019ラグビーワールドカップのうち、エコパスタジアムで行われた4試合の平均観客数は、4万人を超えています。
「28,000人」がどの位か、なんとなくイメージいただけたでしょうか。
段々と寒くなってまいりましたが、12月15日まで「秋の森づくり県民大作戦」を開催中です。
大人から子どもまで楽しめる木工教室や森林散策、森の恵みであるきのこ採り、森を楽しむ様々なイベントが行われています。もちろん、植栽や下草刈りなどの森林整備もあります。野生の鹿や猪をおいしくいただく「ジビエ体験」や、未就学児の親子も対象とした自然体験など、新しい企画も増えています。

県では、これまで森を訪れる機会の少なかった方々にも参加していただけるよう、次のような新しい取組を行っています。
1.地域の特徴的な草花や鳥など、生物多様性の魅力に着目した「新たな森づくり」のモデル団体の育成
2.健康・観光・教育など多様な分野を組み合わせて森林空間を利用する「森林サービス産業」への支援
3.「森林環境教育」の指導者養成講座の開催

県ホームページに、県内各地で行われるイベント情報を掲載していますので、残りわずかとなった秋ではありますが、令和元年に森づくり県民大作戦にデビューしてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

くらし・環境部環境局環境ふれあい課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2848

ファックス番号:054-221-3278

メール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?