• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > 新型コロナウイルス外国人県民影響調査の結果

ここから本文です。

更新日:令和2年8月6日

新型コロナウイルス外国人県民影響調査の結果

新型コロナウイルスに関する外国人への影響については、テレビや新聞等で度々取り上げられており、早急に実態を把握する必要がありました。ただし、郵送による従来の調査方法では、対象者の抽出や、調査票の送付・回収等に時間がかかり、郵送料もかかるなどの理由により、タイムリーに状況を把握して、施策を講じることは難しいと思っていました。
ところが、多文化共生課の職員からインターネットを活用することで、迅速かつ効率的に調査を実施できるとの提案がありました。この手法により、時間やコストの課題を解消できるとともに、調査期間中でも、リアルタイムで回答を集計・確認できる等の利点があることがわかったため、県内に定住している方が多い、ブラジル人及びフィリピン人県民を対象に、6月5日から30日までの間インターネットを活用した調査を実施することとしました。

影響調査の主な結果は、次のとおりです。

「新型コロナウイルスの影響により困っていること」(複数回答)では、「自分や家族の感染」が81.7%、次いで「収入の減少」が78.9%、「失業や休業」が69.4%となり、感染への心配が最も多い一方、経済に対する不安も上位に位置している。
【新型コロナウイルスの影響により困っていること(複数回答)】

外国人調査

「新型コロナウイルスの影響による仕事の状況」については、「休業や勤務時間の減少により、収入が減った」が49.4%、「仕事を失って、失業中である」が22.1%と約7割に影響が出ている。
【新型コロナウイルスの影響による仕事の状況(単一回答)】
外国人調査2

「新型コロナウイルスの影響による、子どもたちの教育環境の変化」については、約6割が「特に変化はない」と回答した。一方で新型コロナウイルスの影響により、不就学となっているとの回答は13.1%あった。
【新型コロナウイルスの影響による、子どもたちの教育環境の変化(単一回答)】
外国人調査3

「県や市に対してどのような支援・サービスを望むか」との設問について、「強く望む」との内容が最も多かったのは「就職・転職のための技能・技術や日本語学習の支援」だった。
【県や市に対してどのような支援・サービスを望むか(単一回答、5段階評価)】
外国人調査4

この調査結果のうち、「新型コロナウイルスの影響により困っていること」で「自分や家族の感染」を心配する声が一番多かったことを踏まえ、感染の心配のある外国人県民が、24時間多言語で帰国者・接触者相談センターに三者通話を用いた相談ができる「外国人のための新型コロナウイルス多言語相談ホットライン」を設置するよう準備を進めています。(9月運用開始予定)。
また、今回と同様の影響調査を9月にも実施予定であり、今回の調査結果との比較・検討を行いながら、より適確な対応策を実施していきます。
ホットライン

 



お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局多文化共生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2178

ファックス番号:054-221-5516

メール:tabunka@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?