• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 不当取引及び不当表示に関する処分内容・通報の受付 > 不当表示に対する措置 > 店頭値札で不当な価格表示を行っていた事業者に対する措置

ここから本文です。

更新日:令和3年8月5日

店頭値札で不当な価格表示を行っていた事業者に対し、景品表示法に基づく措置命令を実施

県は、本日、店頭値札で不当な価格表示を行っていた以下の事業者に対し、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)第7条第1項に基づく措置命令を行いました。

1対象事業者

事業者名

株式会社カインズ

所在地

埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目2番1号

代表者

代表取締裕雅
代表取締正行

資本金

32億6036万5090円

主な事業内容

ホームセンター「カインズ」の経営:全225店舗(県内25店舗)

2違反事実の概要

事案概要

  • 県内のカインズの店頭商品値札において、商品が通常時よりも安く販売されているかのような誤認を生む二重価格表示があった。
  • この表示は、過去一定期間での販売実績がない価格を「当店通常価格」として、現在の販売価格と比較対照させて表示することで、実際の販売価格が著しく安いかのように消費者に誤認させるものであって、景品表示法第5条第2号で禁止する有利誤認表示に該当する。

表示例

「当店通常価格¥42,800の品¥29,800」(テレビの例)(別添1(PDF:75KB)参照)

対象店舗

静岡県内のカインズ全25店舗(別表1(PDF:33KB)参照)

対象商品

テレビ、収納ボックス、洗剤等55商品(別表2(PDF:38KB)参照)
(令和2年8月21日から令和3年2月16日までの間、店舗・セール開始日別に集計すると、1,866点の値札表示において違反が確認された。)(別表3(PDF:454KB)参照)

3措置命令の内容

  1. 景品表示法に違反する表示を行っていた旨を一般消費者に周知徹底すること
  2. 再発防止のために必要な措置を実施し、社内に周知徹底すること
  3. 今後、同様の表示を行わないこと
  4. 1、2について採った措置の内容を文書で県に報告すること

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3690

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?