• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 不当取引事業者及び不当表示に対する措置 > 不当表示に対する措置 > 頭蓋骨矯正による小顔効果を謳う不適正表示に対する措置

ここから本文です。

更新日:平成31年3月11日

頭蓋骨矯正による小顔効果を謳う不適正表示に対する措置

県は平成31年3月11日、頭蓋骨矯正による小顔効果を謳うサービスを提供する事業者に対し、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)に基づく措置命令を行いました。

事業者は、合理的な根拠がないにもかかわらず、あたかも頭蓋骨を動かすことで小顔になり、その効果が持続するかのように思わせる表示を行っていました。

1対象事業者の概要

事業者名

株式会社ドラミカンパニー

所在地

静岡県静岡市駿河区西脇11番地の1

代表者

代表取締役長谷川幸弘

本件該当店舗

プラチナフェイス静岡御幸町店

(静岡市葵区御幸町4-2ポワソンビル2階)

事業内容

リラクゼーションサロン・育毛サロン等の経営

コンサルティング業務など

2違反事実の概要

 

対象役務

頭蓋骨矯正による小顔効果を謳うサービス

表示媒体

プラチナフェイス静岡御幸町店のウェブサイト

(掲載期間:平成27年4月頃~平成30年2月16日)

表示内容

ご存知でしたか?頭蓋骨って動くんです!

骨を直接動かしますので、小顔効果も持続性も段違いです。

他店にはない「骨が動く」感覚を、ぜひ実感してみてください。

(一部抜粋。表示内容の詳細は別紙のとおり)

別紙(PDF:58KB)

実際

県が、景品表示法第7条第2項の規定に基づき、表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社は資料を提出したが、当該資料は、合理的な根拠を示すものとは認めらないものであった。

このことから、当該表示は景品表示法第5条第1号に規定する不当表示(優良誤認表示)に該当する。

優良誤認表示とは

商品やサービスの品質、規格などの内容について、実際のものよりも著しく優良であると消費者に誤認される表示

3措置命令の概要

景品表示法に違反する表示を行っていた旨を一般消費者に周知徹底すること

再発防止のために必要な措置を実施し、社内に周知徹底すること

今後、同様の表示を行わないこと

4県民の皆様への注意喚起

エステティックサービスを利用する際には、店舗に次のことをしっかりと確認してください。

もし、不審な表示を見かけた場合や契約内容に不審な店がある場合は、最寄の県民生活センターや消費生活センターに相談してください。

どのようなサービスによりどのような効果が期待できるのか。

その効果はどの程度継続し、継続的な施術や日常生活での努力が必要となるのか。

場合によっては効果がでないこともあるのか。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3690

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?