• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 5月は消費者月間です!≪訴訟をほのめかす架空請求にご注意を!!≫

ここから本文です。

更新日:平成30年5月1日

5月は消費者月間です!≪訴訟をほのめかす架空請求にご注意を!!≫

「消費者保護基本法(消費者基本法の前身)」が昭和43年5月に施行されたことから、その施行20周年を機に、昭和63年から毎年5月が「消費者月間」とされました。

年度の月間のテーマは「ともに築こうかな消費社会誰一人取り残さない~」です。

では、月間に合わせ、街頭キャンペーンで架空請求等の被害防止啓発に取り組みます。

架空請求に関する相談件数が急増しています!

成29年度静岡県内の消費生活相談窓口等に寄せられた架空請求に関する相談件数

kakuuseikyuugraph

 

 

に覚えのない請求を送りつけ、お金をだましとる架空請求。県内でもその相談件数が急増しており、平成28年度が2,231件であったのに対し、29年度は8,033件(30年4月20日時点)と、3倍以上です。

費生活相談窓口に相談をした時点で、相談者が既に支払ってしまった金額は、28年度が23,806,765円であったのに対し、29年度は116,569,238円と、約5倍に増えています。

 

 

 

 

 

みなさんの家にもこんなハガキやメールが届いていませんか?

hagaki

 

っともらしい内容に不安を抱いた人が連絡し、お金を支払ってしまった事例も報告されています。

らずに落ち着いて見てみると、不審な点が多くあります。

 

架空請求の問合せ先に連絡してしまうと…

konbini

 

空請求の問合せ先に連絡してしまうと、弁護士を名乗る者を紹介され、最終的にはコンビニでプリペイドカードを購入し、カードに記載されている番号を教えるよう指示されます。

号が相手に伝わると、ネットワーク上で瞬時にお金が奪われてしまい、取り戻すのは非常に困難です。

 

 

 

身に覚えのない請求元には絶対に連絡せず、

万が一連絡してしまっても、相手の指示には従わないようにしましょう。

188

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?