• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 消費生活ABC > 消費生活ABC.2011.10

ここから本文です。

更新日:平成26年3月12日


 

架空請求には応じない!

A子「B子、携帯電話変えたのよね。あら、どうしたの?元気ないわね。」

B子「それが、おととい無料着ウタをダウンロードしたら、無料のはずだったのにサイト登録料3万円を払ってくださいと画面が出たの。10日以内に払わないと延滞料がかかるらしいの。」

A子「まさか払ってないわよね。」

B子「まだだけど、何かの間違いだと思って問い合わせ先に電話してみたの。そうしたら確かに登録されていますって言われて…。どうしたらいいかしら?」

C子「身に覚えのない請求があっても相手に電話したらダメよ!相手に連絡すると、逆に個人情報が伝わってしまい、しつこく請求されることがあるのよ。どうしても困ったら、消費生活相談窓口に相談するといいわ。」

 

インターネットのアダルト情報サイトの年齢認証などで、「はい」「YES」「入場する」などのボタンをクリックしただけで、登録料や情報料を請求される架空請求の相談が後を絶ちません。例え請求画面にあなたのパソコンのIPアドレスが記載されていても、相手にはあなたの名前も住所もわかりません。無視しましょう。こちらから連絡してはいけません。どうしても困ったときは慌てずに消費生活相談窓口(消費者ホットライン 電話0570-064-370)に相談してください。パソコンのデスクトップに請求画面が貼りついて消えないときは、コンピュータウイルスの感染が疑われますので、「独立行政法人情報処理推進機構」のウエブサイトを参考にして対応してください。

また、子どもに携帯電話を持たせる場合は必ずフィルタリングを設定しましょう。

静岡県では、期間限定「静岡県架空請求対策キャンペーンサイト」を開設しています(平成24年3月20日終了しました)。インターネットを利用する一人ひとりが正しい知識を身につけ、架空請求から身を守るためのノウハウが満載です。ぜひご覧ください。

(静岡県くらし・環境部県民生活課)

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2257

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?